二人暮らしにかかる食費を抑える3つの方法

SnapCrab_NoName_2014-11-6_20-18-8_No-00

同棲や結婚などで、二人暮らしになる場合も多いものです。その場合に気になるのが生活費です。

実家暮らしや一人暮らしでは感じることのできない、二人分の生活になりますので考え方を変えていかなければなりません。何をするにも2倍金額がかかると考えると、簡単ではなさそうです。

生活費の中で一番変動が激しいのが食費です。ここを賢く抑えることができれば、より快適な生活を送れるようになります。

その方法について紹介します。

 

二人暮らしは自炊すると食費が浮く

SnapCrab_NoName_2014-11-6_20-11-39_No-00

二人暮らしで一番食費が増える原因が外食です。毎回食事を家で作れれば理想ですが、中々そんな風にはなりません。

仕事が忙しくて料理を作る暇がない・・・。そんな時はどうしても発生してしまい、外食のお世話になる回数も自然と増えていきます。

もし1回の外食で1人1000円使うとしたら、それだけでその日は二人で2000円の出費になります。30日連続で外食は考えにくいですが、単純計算で6万円も必要になります。

ここを半分に抑えることができれば、3万円の出費に抑えられますので、かなり大きな効果が期待できます。こうした地道な行動がいつしか大きな変化となりますので、外食をできるだけ避けるようにしましょう。

 

お得な情報は素早くチェック!

SnapCrab_NoName_2014-11-6_20-12-19_No-00

人間は外部から栄養を摂取しなければ、生命活動を維持させることができません。つまり、食事を摂らなければ生きていけないので、食費を考える時はまさに命がけな行動になる訳です。

そのため、この部分をどこまで抑えられるかが勝負になります。最近はネットでの情報収集も簡単になりましたので、安い食材で栄養をある程度摂取できて美味しいレシピなども紹介されています。

こうしたお得な情報を素早くチェックできれば、毎日発生する二人暮らしの食費をできるだけ抑えられます。

 

お弁当で出費を抑えよう

SnapCrab_NoName_2014-11-6_20-12-56_No-00

最近は激安弁当などがスーパーなどで販売されています。二人暮らしで両方働いている場合は、昼食の問題が発生することでしょう。

どちらも外食をすれば、それだけでかなりの出費になります。理想は手作りお弁当を二人分用意することですが、忙しい朝にそんなことをしている暇はないという人も多いでしょう。

そんな時に、身近に激安のお弁当などが販売されていれば、それを用いることもできます。どの方法が自分たちに一番合うのかを模索し、効率の良い方法を見つけるようにしましょう。

二人暮らしでは、何かと出費があります。その中でも食費を抑えることは、非常に大切になりますので、常に考えるのが必要です。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ