失敗しない!結婚式の二次会に着ていく服装マナー

150214-0005

「結婚式の二次会で何を着ようか…」と平服選びに困ることは多いもの。平服とは別名「略礼装」と言い、改まった場に相応しい服装を表します。

つまり礼服ほど堅苦しくなく、普段着よりもカジュアルではない中間的な服装です。

ここでは結婚式の二次会ゲストに相応しい、一般的な平服を男女別にご紹介しましょう。

 

結婚式二次会に着ていく服装はどんなものがいいの?

141224-0007

男女共に二次会の平服に特別な決まりはありませんが、お祝いの場である以上、カジュアル過ぎる服装はタブーです。

招待された会場の格式を予め確認し、その場に相応しい服装を決めていきましょう。

 

男性の場合

男性の場合スーツ、あるいはジャケット着用が一般的です。「準礼装」「黒スーツ」「ジャケット」の基本スタイルに、結婚式用の小物をうまく活用すれば問題ありません。

ベストを着用する場合はスーツと同系色が良いでしょう。上着の着脱を想定し、中に着るインナーウェアも品格のあるものを選んで下さい。

また、応用として基本スタイルにカラーワイシャツを組み合わせると華やかな印象になります。ノーネクタイの場合は、アウターの下にストライプや品のある柄入りのワイシャツを着ると良いでしょう。

ただし、いずれもスーツやジャケットとミスマッチになってはいけません。おしゃれを意識しすぎるあまり、全体的にまとまりがなく、だらしなくなってしまっては本末転倒です。

初めて結婚式の二次会に参加する場合は、無難な基本スタイルでまとめると失敗がありません。

 

女性の場合

女性の場合はパーティー感を意識し、フォーマルワンピースやスーツを選ぶと良いでしょう。

素材は綿よりも、サテン地などテカリのあるものがおすすめです。また、おでかけスタイルとして柄ワンピースを着用してもOK。

ブラウスの場合は、ふんわりしたシルエットのものに、ジャケットやボレロと合わせるとお洒落になります。

ただし目立ち過ぎは厳禁!主役は新郎・新婦ということを忘れず、派手になりすぎて顰蹙をかわないように注意しましょう。

 

結婚式や二次会に避けたい服装は?

150214-0006

礼服ほど硬いマナーはなくとも、何でも着用すれば良いわけではありません。

場違いな服装は周りの迷惑にもなり、折角のイベントが台無しになることもあるので十分注意して下さい。

 

男性の場合

男性の場合、派手な原色スーツ、羽織袴はタブーです。

二次会ゲストが奇抜なファッションや羽織袴で新郎・新婦よりも注目を集めてしまうのはもってのほかです。

 

女性の場合

女性の場合、白系のドレスや露出の高い服装はタブーです。

二次会とはいえ、「白」は花嫁の色であることに変わりはありません。色は必ず白以外のものを選ぶようにしましょう。

また、結婚披露宴と同様、露出度の高い服装も「お祝いの場」に相応しくありません。もちろん煌びやかなゴージャスすぎるドレスもご法度です。

肌が露出してしまう場合は羽織物を着用し、全体的に派手になりすぎて主役より目立ちすぎないよう注意してください。

先にも述べた通り、Tシャツやジーパンなどカジュアルすぎる服装は男女ともにタブーです。自分たちは二次会ゲストであり、それ以上でもそれ以下でもないことをしっかりとわきまえましょう。

 

結婚式の二次会に着ていく服がない場合は?

150214-0007

「どうしても選べる服装がない」「急な予定で服を揃える時間がない」など、自分で平服を用意できない場合は、ブライダルプランナーや冠婚葬祭業者に問い合わせてみると良いでしょう。

最近では礼服や平服のレンタルもあり、服装の具体的なアドバイスや急なイベントにも迅速に対応してくれます。

また、業者によっては靴やバッグ、ネクタイなど、冠婚葬祭に必要な小物類も一式用意してくれる所もあります。

困った時は素直にプロに頼るのも一つの手段。その場に相応しい服装で身なりを整え、みんなで感動的な楽しい思い出を作りましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ