プロが教える!カラオケをみるみる上達させる方法

SnapCrab_NoName_2014-11-6_21-44-50_No-00

「この後カラオケ行かない?」「いいね、行こ行こ!」

こういったノリが嫌いな人も少なくないでしょう。カラオケが好きで歌唱力に自信がある人は、決まって行きたがります。ですが世の中にはそうでない人もいるので、気を使って欲しいと願うだけではダメです。

まずは人前で多少は歌えるほどの技術を磨かなければなりません。そんな訳で、カラオケをみるみる上達させる簡単な方法がありますので、ご紹介します。

 

カラオケはお尻の穴を締める!

SnapCrab_NoName_2014-11-6_21-56-20_No-00

某プロ歌手が、カラオケを上達させる方法としてテレビ番組で紹介した方法が、ネット上などでも話題を呼んでいます。女性の曲には特に高いキーが出てくる場合が多いです。その時に中々そのキーまでもっていけなくて、オクターブ下げて歌ってしまうもの。

そんな時は、お尻の穴をキュっと締めることで、効果を発揮できるというのです!声は喉から出ると思っている人がほとんどです。通常の喋るときはその認識で問題ありません。ですが、感情を表現する歌は、喉ではなく体全体を使わなければ、完全に出せません。

そこでお尻の穴を締めることにより、腹筋や背筋が働きやすい状態になります。すると、姿勢がよくなり、喉から出るという意識が遠のき、結果的に喉に力が入らなくなるのでスムーズに高い声が出せるというのです。

これは何も、高音の場面だけに意味がある訳ではありません。歌全体において同じことが言えるので、どんどん実践してみましょう。

 

プロが教える方法に「まめまめまめ」トレーニング

SnapCrab_NoName_2014-11-6_21-46-32_No-00

これも、某プロ歌手がオススメしている、歌うまえの口周りのトレーニングです。「まめまめまめ」という表現は口を縦にも横にも広げて歌うのでトレーニングとしては最適なんだとか。

また本格的に歌う前に、「ひとつの母音だけで歌う」ことも重要な慣らしになりまう。童謡などを「あー」という声を出だけで、発生と音程を確認する練習になるんだとか。

 

カラオケを上達させるにはお風呂で歌いまくる

SnapCrab_NoName_2014-11-6_21-45-47_No-00

原曲がうろ覚えな状態でカラオケに行っても、満足に歌いきることはできません。ここは非常に重要な問題になるのですが、脳内再生ができるまで聞き込むのが上達の大きなカギを握ります。

そしてお風呂場で脳内再生をして歌ってみてください。心地よいエコーがお風呂場では発生しますから、それを聞くことで少し違う環境で声を出せるので、気持ちよく練習できます。

他にもまだまだ、カラオケを上達させる方法はあります。ここで紹介したのはその中でも、効果が期待できるものを抜粋してみました。

カラオケは宴会や飲み会の2次会の定番コースです。そこで恥ずかしい思いをしないためにも、誰も見ていないところでコッソリと練習をして、上手になっちゃいましょうよ!

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ