エアコンで節約上手になろう!節電しても快適に過ごせる裏技

150910-0010

暑い夏、熱中症対策にも有効なエアコンの冷房機能。だけど、電気代が高くならないか気になりますよね。

今回は、暑い夏を快適に過ごすためのエアコン節電術について考えていきましょう。

 

電気代を左右するのは設定温度!理想は28℃

まずは、エアコンの設定温度について。設定温度によっては、電気代を大きく左右します。

省エネ推奨の理想設定温度は28℃です。エアコンの設定温度を1℃上げる毎に約10%の節電になるというデータがあります。

しかし、これは省エネ及び節電という目的から見た目安です。熱中症対策から言っても、必ずしも27℃以下にしてはいけないというわけではありません。

夏バテ防止のために外気温−5℃以内に設定するのが望ましいという考えもあります。くれぐれも無理はしないように。

 

つけたり消したりは逆効果!つけっぱなしOKの理由

エアコンで一番電気代がかかるのは、立ち上がり時です。つけて最初の10分程度が大きく消費します。

室温が安定すれば、エアコンの稼働電力もぐっと抑えられて安定します。

つまり、何度も入切スイッチを押すのは節電には逆効果ということです。効率的に部屋の温度を下げ、節電も目指すのであれば、連続運転で使用するのが正解です。

 

弱風は電気代がかかる!風量は自動運転にお任せ!

150910-0011

より効率よく節電するなら、風量の設定は自動にするのが正解です。弱風に設定していても室温を下げるのには効率が悪く、かえって消費電力がかかってしまいます。

エアコンに任せていれば、効率よく稼働してくれるのです。

 

遮光カーテンで太陽光をシャットアウト!

150910-0013

太陽光が部屋に入るだけで室温が上がり、冷房の消費電力も無駄に上がります。遮光カーテンやすだれを有効活用すると良いでしょう。

日陰をつくるだけで室温の冷却時間が抑えられ、省エネです。

 

扇風機を賢く使って節電!

150910-0012

肌に風が当たると、体感温度が下がります。エアコンに扇風機やサーキュレーターを併用すると、設定温度を下げるよりも少ない消費電力で体感温度を2℃ほど下げることが可能です。

併用しても電気代はほとんどかかりません。

 

少しの工夫で上手に節電!エアコンを使いこなそう

節電を気にし過ぎるあまり暑さを我慢して過ごすよりも、上記のようにちょっと工夫を加えれば、快適な夏を過ごせます。消費電力が気になるエアコンですが、使い方ひとつで十分電気代を抑えられるのです。

熱中症にも気をつけて、無理せず暑い夏を乗り切りましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ