アルコール筋症になる原因とは?症状が悪化する前に治す!

SnapCrab_NoName_2014-11-8_19-9-33_No-00

飲酒の翌日、激しい運動をした訳でもないのに、胸や足の筋が痛むという経験をしたことはありませんか?

最初は気付かないものですが、年齢を重ねるごとに異変を経験します。これは、れっきとした症状とされているもので、原因も対策も発見されています。

では、アルコールを摂取した後に発生する、筋症は一体何なのでしょうか?

 

アルコール筋症はビタミン不足が原因?

SnapCrab_NoName_2014-11-8_19-8-43_No-00

アルコールを摂取すると、体内では毒素として扱われます。それを殺菌する役割を担うのが肝臓であり、肝臓の働きが一時期活発になります。

肝臓が活発になると、体内の水分を消費します。それと同時に、毒素を打ち消すために必要なビタミンを多く使うようになるので、一時的にですが体内はビタミン不足になるのです。

さらに飲酒が進むことで、たんぱく質を作るのが間に合わずに、ビタミン不足に陥った筋力が破壊されて、筋肉痛のような痛みが出るというメカニズムです。

これは再生機能が衰えるのと同じなので、加齢と共に発生すると考えられています。ですから、年齢が若い時には、あまり痛みを感じることなく、高齢になると自覚してくるのです。

筋肉痛程度ならばまだしも、ひどい人は手足のしびれや痙攣などが引きおこされ、日常生活がままならない事態にも発展します。

これを、「急性アルコール筋症(ミオパチー)」と呼びます。

 

スポーツドリンクでアルコールを出す

SnapCrab_NoName_2014-11-8_19-7-43_No-00

ビタミン不足がきっかけとなり、筋肉痛のような症状を出す、急性アルコール筋症ですが、何ともいえない鈍い痛みが長く続くので、どうにかしたいものです。

急性アルコール筋症を治すには、アルコールを体外へ素早く出すのが重要です。すると、肝臓の活発な働きが次第に弱まり、正常になるので自然とビタミン不足ではなくなります。

では、どうすれば体内のアルコールを素早く外へ排出できるのでしょうか?

その鍵を握るのが「スポーツドリンク」です。体内への吸収が早いので、毒素も素早く尿として外へ排出してくれます。

スポーツドリンクは、吸収が早いから飲酒後に飲むのはダメ。という噂も聞きますが、これは全くのデタラメです。

吸収が早いなら、積極的に摂取をしたほうが、体外への排出活動が活発になるので有効的になるのです。

そのため、積極的に大量のスポーツドリンクを飲めば、筋症を和らげることができるでしょう。

 

飲酒の合間に水を飲むことで予防する

SnapCrab_NoName_2014-11-8_19-6-28_No-00

大人になれば、お酒を飲む機会は自然と増えていきます。すると、どうしても筋症で悩まされる回数も多くなり、お酒を飲むのが嫌になる人も少なくはないのです。

そこで、根本から痛みを軽減させる方法があります。

それは「飲酒の合間に水を飲む」ことです。体内にある毒素を水が一緒に利尿作用の働きによってすぐに体外へ排出してくれますので、肝臓もそこまで働く必要がなくなります。

すると、不思議なぐらいに翌日の筋症が軽減されているか、もしくは痛みを全く感じなくなります。飲み方が乱暴ですと、発生する可能性が高いので、お酒ばかりではなく、水も同時に飲むのが重要です。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ