大学生の生活費をうまく節約する3つの方法

SnapCrab_NoName_2014-11-8_19-34-23_No-00

親元を離れて、一人暮らしを始める大学生も多いことでしょう。以前に比べれば少なくなったと言われていますが、それでも慣れない生活に不安と期待を膨らませている人はいるわけです。

不景気ということもあり、親が仕送りをしてくれるとも限りません。アルバイトをして、そこから生活費を捻出する厳しい環境におかれている人も少なくはありません。

そこで、大学生の生活費をどうすれば節約できるのでしょうか? その簡単な方法について紹介します。

 

生活費の節約は食費から

SnapCrab_NoName_2014-11-8_19-27-37_No-00

大学生の一人暮らしともなれば、自炊をする人は少ないでしょう。多くは外食かコンビニ弁当で済ませてしまうので、余計な出費になりやすいものです。

生活費を抑えたいならば、自炊をするのが一番です。そして買い物も毎日行きます。その日に必要なものは、その時に買うのを心がけることで通常とは違う環境を発見できます。

つまり、食材がダメにならず新鮮な状態で摂取できるので、健康的な生活が送れるのです。また、毎日買い物に行くので、ポイントカードを持っていればポイントが付きます。

次回の買い物で使える商品券を発行できる場合が多いですから、そうした流れを継続することで、賢く買い物ができ、さらに新鮮な状態で食べることができるのです。まさに一石二鳥!

 

大学生は飲み会や合コンの出費がある!

SnapCrab_NoName_2014-11-8_19-32-32_No-00

大学生ともなれば、サークルでの飲み会や合コンの席が増えるでしょう。そして20歳を過ぎればお酒やタバコなどの嗜好品を飲む場合もあるかもしれません。

生活費を節約したいならば、かなりの出費になるこれらをできるだけ削る努力が求められます。もちろん、何でも削っていてはストレスが溜まりますから、できる限りの範囲内を維持しておきましょう。

嗜好品や交際費は、生活費の中でも大きなウエイトを占める場合が多いものです。月に使うのはこれくらいと、前もって計画しておくと使いすぎを防げます。

 

光熱費の徹底的な削減が節約に

SnapCrab_NoName_2014-11-8_19-33-11_No-00

大学生の生活費の中で大きなウエイトとはなりにくいのが光熱費です。自宅にいない時間帯は、何も使わないのであまり変わりません。そして帰宅しても寝るだけという人ならば、ほとんど水道もガスも使わないでしょう。

しかし、無駄を探すと色々と出てくるものです。トイレの電気をつけっぱなしにしていませんか?歯を磨く間はずっと水が出っぱなしになっていませんか?

こうした部分をチェックすることで、意外と光熱費の無駄を省けるのです。生活費を削減したい場合には、光熱費にも手をだすべきです。

このように、大学生は考えていくと、色々と節約できる部分はあります。一生に一度しかない貴重な経験になるので、何でも制限をかけるのはよろしくはありません。

ですが、ここでの生活費を切り詰める生活が分かれば、今後もきっと役立つに違いありません。頑張って実践してみましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ