乾燥して肌がかゆい…湿疹を防ぐ対策方法

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-20-49_No-00

乾燥により、肌が痒くて仕方がない人は多いでしょう。特に冬場は外はも室内も乾燥しやすいので、余計に肌荒れがひどくなります。

それを放置しておくと、「皮脂欠乏性湿疹」になり、さらに痒さが増してしまい、かゆみ地獄へと陥ってしまいます。

では、何故こうした問題が発生するのでしょうか?またどうすれば治すことができるのか?

 

子供でも大人でも乾燥による湿疹は発症する

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-22-58_No-00

乾燥肌は、誰もが悩む国民病という認識が広まっています。それだけ身近な存在であり、解決方法を知っておくことで全然違いますよね。

乾燥肌は、大人がなりやすいと言われていますが、実は子供だってなりやすいのです。ただ、子供と大人では乾燥肌になるメカニズムが異なります。

子供の場合は、皮脂腺がまだ発達していないので、肌荒れを起こしやすくなります。

一方大人の場合は、肌の水分量や皮脂が老化によって減少し、肌荒れが起こるのです。

皮脂が減少すると、肌のバリア機能が低下するので、少しの刺激でも肌が反応するために「かゆみ」となり脳に信号が送られるのです。

 

湿疹によるかゆみを放置すると皮脂欠乏性湿疹に

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-22-5_No-00

乾燥肌は放置していれば、自然に治るというものではありません。むしろ余計悪化してしまい、湿疹によるかゆみが増すことも考えられます。

この「かゆみ」を放置しておくと、皮脂欠乏性湿疹になります。

症状は、皮膚表面がガサガサしたり、白い粉がふいたようになったり、ひび割れが出来てかゆみだけではなく痛みも伴うような状態になります。外見上、明らかに状態が異なりますから、湿疹になればすぐに気付くでしょう。

皮脂が減少することで、弱酸性に保たれている皮脂のph(ペーハー)がアルカリ性に傾き、細菌が繁殖しやすくなるので、細菌感染のリスクが高まります。

バリア機能が低下していることで、普段は角質層からは奥へと浸透しない物質が、角質層を通りぬけてしまいます。

これにより、髪や衣服が触れるほどの軽い刺激でも、敏感に反応してかゆみを感じたり、使い慣れた化粧品でも「かぶれて赤くなる」という症状も出てしまうのです。

 

潤いを常に保つことで乾燥を防ぐ

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-21-36_No-00

乾燥肌の原因は、皮脂が減少してバリア機能が弱くなることです。そのまま放置すると、湿疹が出るので無視するわけにはいきません。

対策として、潤いを常に保つこと!そして、乾燥状態を出来るだけ避けることが重要です。

たとえば、洗剤などに触れる場合には、なるべくゴム手袋をする。入浴時などは、肌をこすらないようにする。刺激の少ない洗浄剤で身体を洗うことを意識します。

熱いお風呂やシャワーや長時間の入浴はせず、ぬるま湯で短時間の入浴を心がけましょう。

これらを意識するだけで、皮脂の減少を防ぎ潤いを維持させることができます。

何もせず放置するのは、余計にかゆみを引き起こすだけなので、少しでもバリア機能を維持させるようにし、乾燥による湿疹を防ぎましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ