100点は出せる!カラオケで簡単に高得点を出すコツ

wdwfefc002

2次会の定番であるカラオケ。好きな人もいればちょっと苦手な人もいますよね。

人前で歌うなんて無理…という人でも、人生で1回ぐらいは人前で歌ったことはあるのではないでしょうか? その時に「高得点が出せたらどれだけ気持ちよいものか」と考えたことも少なくないでしょう。

では、実際にどうすれば高得点を出すことができるのでしょうか?

 

高得点を出すコツは「ガイドメロディ」

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-33-58_No-00

カラオケで高得点を出すには、音程を合わせることが基本中の基本ですよね。音程の正確率が70%台では、どんなに頑張っても高得点はでません。

カラオケの機種によっては、歌詞の上部に音程メロディが表示されており、その部分が正確かどうかで判断されます。つまり、プロが歌っている音程とは少し違う場合もあるので参考にはできません。

あくまでも、機械が判定している音程に合っているかどうかが判断基準になりますので、そこが重要なポイントです。

まずは採点基準となるガイドメロディをできるだけ正確に覚える練習をしましょう。

 

カラオケのキーを下げて歌う工夫を

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-36-53_No-00

カラオケでの高得点を出すには、あくまでも機械が判断した基準に人間が合わすものだということを、しっかりと理解しておかなければいけません。

ある意味音程だけでも合わせておけば、それなりの点数を叩きだすことができるので、「キーを下げて歌う」という戦法も有効です。

曲によっては、自分がどう頑張っても出せないような高いキーが含まれている場合もあります。そんな時は自分の声で出せる程度でオクターブを下げる方法が有効です。

逆パターンももちろん有効です。キーの低い部分だけオクターブを上げて歌うことでも、しっかりとガイドメロディにあわせていると評価されるので、点数が下がることはありません。

原曲どおりに、出さなくても良いのです。

 

声は全身から出し抑揚を付けて高得点を

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-34-15_No-00

声は喉からではなく、体全身から出すもの。そのため準備運動は余念なく行いましょう。まずは緊張している肩や首の筋肉、わき腹、腰、背中を入念にストレッチします。

また、採点の基準で「声の抑揚」は大きな評価基準になります。つまりサビでは大きく歌い、それ以外では少し小さな声で歌うようにします。

この部分をしっかりと認識することで、普段の流れとは違う歌唱力を身に付けることができます。

コツはマイクを近づけすぎないように歌います。最初から最後まで、マイクを近づけて歌うと、強弱をつけているつもりでも機械はそれを認識してくれません。

サビではマイクを口の近くにして、サビ以外のところでは少し遠目にするのも重要です。抑揚をつける裏ワザである「マイク回し」も覚えておきたい技です。

マイクを程度に離してクルクルまわしながら歌うと、口とマイクの距離が変わって抑揚が付くといわれています。

 

カラオケは腹式呼吸をマスターする

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-40-3_No-00

プロの歌手が必ず使っているのが腹式呼吸です。これをせずに喉だけで歌うと、必ず潰れてしまいます。

カラオケで上手な人、高得点をたたき出している人は、ほとんどが腹式呼吸です。コツは、1曲だけ歌を息だけで歌うのです。すると自然と腹式呼吸になります。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ