一人暮らしの食費が高い…楽して節約する方法

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-53-18_No-00

実家暮らしでは、家賃や光熱費、食費などがどれぐらいかかっているのか、全く気にしなくても良かったものです。

まさにぬるま湯に浸かっているような状態から、いきなり一人暮らしになると、かなり出費が多いと気付かされます。こうした経験を持っている人は多いのではないでしょうか?

一人暮らしになると、食費に随分とお金がかかると嘆く人もいるかもしれません。自炊が一番ですが、外食に頼ることもちらほら。

何を食べても誰からも文句言われませんから、どうしても食費がかさむ傾向にあります。

そこで、一人暮らしの食費を楽して抑える方法について下記から紹介していきます。

 

どれくらい食費で支出しているかを把握しよう

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-55-11_No-00

一人暮らしを経験すると、無駄な支出を抑えて節約しようという気持ちが大きくなる場合は多いものです。しかし、それを本当にするには、どんぶり勘定では意味がありません。

まずは1ヶ月にどのくらいの支出が発生しているのかを、しっかりと把握するところから、節約はスタートします。家計簿などを付けるのが便利ですが、最近はスマホアプリとして、レシートを写真で撮影すると勝手に家計簿を付けてくれるものも登場しています。

こうしたものを駆使しながら、自分の1ヶ月の食費データをまずは把握するようにしましょう。

 

ワケあり商品で節約する方法

SnapCrab_NoName_2014-11-9_23-0-12_No-00

食費を抑えるには、自炊が一番です。自炊をするには食材を購入しなければいけません。

そこで大切なのが、いかに安く食材を仕入れるか。これに全てがかかっていると言っても過言ではありません。

そのため、市場の裏情報などをネットや人脈を駆使して把握しましょう。すると、意外と思われていたものが、実は食費を抑えるのに役立っているなんてこともあり得るのです。

たとえば野菜を買うなら、スーパーではなく八百屋で購入したほうが安いというケースは多いです。スーパーで売られている野菜はランク等級では上位クラスのものしか店頭に並びません。

見た目が重視ですから当然といえば当然ですね。しかし、八百屋ではワケあり商品が安く売られていることがあります。

きゅうりがかなり曲がっていたり、トマトが楕円形になっていたり。形が変なだけで、味は変わらないというものを、安く売っているのです。

こうしたものを、賢く購入できれば、食材購入費をかなり安く抑えられるでしょう。

 

一人暮らしはその日に必要な物だけを購入する

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-56-30_No-00

毎日スーパーに買い物しに行くのは大変ですよね。3日分をまとめて買って、週に2日ぐらいしか行かないというのが基本的な行動パターンではないでしょうか。

ですが、その日に必要なものは、その日に買うことで結果的に食費を安く済ませられるというのです。

実はまとめ買いをすると、作る予定だった日に、友達と食事に行くことになったり、飲み会に参加することになったりと、イレギュラーな予定が入ることもあります。すると、食材を廃棄しなければならない場合も考えられます。

未来は誰にも分かりませんから、その日その日で必要なものを購入するのが、実は賢い節約方法だったりするんです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ