これでお金が貯まる!共働きのための家計管理方法

SnapCrab_NoName_2014-11-10_0-19-18_No-00

共働き夫婦が増えています。日本では昔から、女は家を守り、男は金を稼いでくるが当たり前でした。そのため、日本では世界よりも女性の進出が遅れているのです。

それでも、共働きをする夫婦が増えてきたので、新しい問題が発生しました。それは家計管理です。

収入源が複数になることで、どちらも財布を持っていることになります。どちらの働いた分を使うのか、そして貯蓄にはどれだけ回すのか議論になる場合も多いもの。

では、どうすればモメることなく、家計管理ができるのでしょうか?

 

共働きの時こそ家計口座にまとめる

SnapCrab_NoName_2014-11-10_0-18-36_No-00

夫婦で共働きしていると、お金の管理が難しいということもあり、トラブルが発生する場合があります。

そこで、二人が稼いできた収入を全てひとつの「家計口座」にまとめるのです。そこから、家賃や光熱費、食費から交際費、そして貯金まで全てを行います。

そして、妻にも夫にも「お小遣い」という名目でお金をもらうという方法です。これを実践している家庭が一番多いと言われているのですが、当たり前だという意見も多いですね。

夫婦になれば家族ですから、2人の収入は「家族の収入」に変わるわけです。別々に分担をしていれば何かと問題が発生するのは目に見えているので、一緒にしたほうが良いという考え方です。

ただ、デメリットとして管理がどちらかに任せっきりになります。女性は脳の構造が男性と違い、現実的な側面が強いのでお金の管理は妻が行う場合がほとんどです。

そのため、負担が大きくなり、それによってケンカなどが発生する可能性もありますので、そこは常に夫側がケアをする必要があります。

 

共働きの場合、片方の収入だけで生活する

SnapCrab_NoName_2014-11-10_0-22-3_No-00

家計を考える上で、大切なのが「貯金をどうするか」です。

将来のことを見据えた上で、貯金をするのは必要なことですが、どちらの収入を貯金に回すのかを考えた家計管理方法を使いましょう。片方の収入だけで生活するといことです。

男女平等とは言いつつも、やはり男性の給料のほうが高い場合が多いので、そちらを生活費に回し、妻の給料を全額貯金に回すというやり方です。

これができれば、特に不満を感じることなく取り組むことができるでしょう。ただ、こうすると自分で使えるお金が少なくなるというデメリットが存在するので、じっくりと話し合うことが必要です。

 

分担家計管理は一番してはいけない!

SnapCrab_NoName_2014-11-10_0-19-46_No-00

一番トラブルが多いのが「分担家計管理」です。

これは、妻の給料で家賃を払い、夫の給料で残りの支出を支払うというもの。お互いの給料から残ったものを貯金とお小遣いに分けるのですが、この方法は不公平が生じるリスクが大きいです。

支払金額に応じて、自分が使えるお小遣いが減るのですから、それは片方の不満も溜まるでしょう。何か理由がない限りは、この分担家計管理はやめたほうが懸命です。

共働きは、家計管理をどうするかは大きな課題です。お互い協力できれば一番良い形なので、歩み寄る姿勢が大切なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ