トイレより汚い!?キーボードをキレイに掃除する方法

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-44-27_No-00

イギリスの調査で、キーボードはトイレの便座よりも汚いという調査結果が公表され大きな話題になりました。普段の生活の中で当たり前のように使用しているので、それが汚れているというのですからショッキングです。

確かにキーボードって毎日お世話になっているのに、掃除をする機会なんて全然ありませんよね・・・。

そこで、どうすれば掃除できるのかを紹介していきます。

 

掃除する前に現在のキーボードの状態をカメラで撮影しておく

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-44-15_No-00

キートップを洗うのに必要な洗面器、家庭用洗剤、エアーダスター、歯間ブラシ、洗濯ネット、キートップ引き抜き工具。この程度で大丈夫です。

掃除をする前の、現在の状態をデジカメやスマホカメラなんかで撮影をしておきます。キートップは多くのパーツがありますので、元にもどすときに元モデルがないとかなり大変な作業になります。

そのため、最初の状態を撮影しておくのです。

 

キートップを引き抜いて、洗剤で掃除しよう

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-43-35_No-00

「キーボードを洗剤で洗うの?」と思うかもしれませんが、実は一つ一つのトップは外すせます。ここは電子機器の一部になりますので、外してしまえば洗剤をつけて洗ってもなんら問題はありません。

そこで洗面器にお湯を張り、家庭用洗剤をつけて引き抜いたキートップを洗います。この時に表面だけではなく内側もしっかりと確認をします。意外と内側も汚れているので注意しましょう。

洗い終わりましたら、必ずしっかりと乾かします。天日干しでも良いですし、上記で紹介した洗濯ネットに入れてドライヤーで乾かす方法を採用しても良いです。

とにかく電子機器にはめ込むものですので、少しでも濡れていると危険なのでしっかりと乾かしましょう。

 

キーボード本体のホコリの掃除方法

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-43-26_No-00

キートップを乾かしている間に、キーボード本体のほこりを掃除します。普段は手の届かないところなので、ほこりがたまっている場合が非常に多いです。まずはエアーダスターで吹き飛ばすようにします。

次に細かいところは、綿棒や歯間ブラシなどを使いしっかりと取り除きます。基本的にはこれだけでキレイになりますので、入念に掃除しましょう。

ここまで出来たら、最後にキートップをはめ込んで完了です。けっこう大掛かりな作業のように見えますが、そこまで面倒なものではありません。

できれば月に1回はキーボードの掃除をしてあげてください。毎日使う人が多いでしょうから、大事に使ってあげることが大切ですよ。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ