しつこい汚れに!クエン酸と重曹を使った掃除方法

SnapCrab_NoName_2014-11-11_15-35-25_No-00

掃除で必要なものとして、掃除機や石鹸、クリーナーなどが思い浮かぶかもしれません。ですが、意外なものが大活躍することもあり、その動向は常に注目されています。

それがクエン酸です。これを使えば、驚きの効果を実感できるでしょう。

では、どのような部分で用途があるのかご紹介していきますね。

 

重曹とクエン酸の効果の違い

SnapCrab_NoName_2014-11-11_15-35-16_No-00

掃除で大活躍するものとして「重曹」が挙げられます。クエン酸と同じような働きをすることから、「どっちが効果的なのかな?」と気になりますよね?

そこで、まずはこのふたつを使って効果を比べてみます。

重曹はアルカリ性なので、酸性のよごれを中和する働きがあります。この汚れというのは、油よごれや鍋の焦げ付き、排水口のよごれなどがあります。

また、カーペットなどに撒くだけで臭いを吸収する効果も期待できるスグレモノです。

一方、クエン酸は基本的にお風呂やトイレなど水回りのよごれに効果的です。水まわりの白い汚れやアンモニアなど「硬い汚れ」にかなりの効果を発揮してくれます。また、これはお酢でも効果があります。

こちらは酸性なので、アルカリ性を中和してくれます。アルカリ性の汚れとは、水垢、トイレの黄ばみ、お風呂場の白く固まった汚れなどがあります。

またトイレのアンモニア臭もアルカリなので、中和をして消臭する作用もあります。

このように、重曹とクエン酸では、Ph(ペーハー)が異なるので、それぞれにあわせた使い分けが重要になります。

 

重曹とクエン酸を上手く組合わせる方法

SnapCrab_NoName_2014-11-11_15-36-13_No-00

重曹とクエン酸ではそれぞれ役割が決まっていますが、クエン酸は単独でもかなりの威力を発揮してくれます。ですが、それでも物足りない場合のみ重曹と組合わせることで、さらに強力な効果を発揮してくれるでしょう。

たとえば、一番汚れがヒドいと言われる換気扇をきれいにする時には、両方を使います。

まず外せる部品を取り外し、シンクに二枚重ねのゴミ袋を置いて中に50℃程度お湯を入れます。そこに重曹を入れて、部品やファンを1~2時間ほど浸け置きします。

取り外せないところやレンジフードはスプレーをかけておけば落とせます。そして最後にクエン酸スプレーを吹きかければ嫌な臭いも消臭してくれるので合理的なわけです。

また、鏡の掃除ではクエン酸が大活躍してくれます!

キッチンペーパーなどを貼り付けてそのまま半日ほど置きます。そのあと水ぶきしてから乾拭きをすれば、うろこ汚れすら落とすことが可能です。

しかし、ガンコなものは中々落ちないので、ダイヤモンドパッドなどを使うほうが無難な場合もあります。

掃除は、小まめにしておけば問題ないのですが、それができない人もいるでしょう。上記で紹介したものを使えばどんな汚れでもキレイにしてくれるので、是非使ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ