とっても簡単!エアコンフィルターをキレイに掃除する方法

SnapCrab_NoName_2014-11-11_15-52-31_No-00

誰でも簡単に掃除ができる機能が搭載されるようになったエアコン。年末の大掃除などで苦労していたのが嘘みたいに、楽になりましたよね。

それでもフィルターの掃除はこまめにしなければ、汚い空気が部屋中に広がるので、どうにかお掃除していく必要があります。

そこでエアコンのフィルターを簡単に掃除する方法についてご紹介していきます。

 

エアコンフィルターの仕組みを理解して掃除しよう

SnapCrab_NoName_2014-11-11_15-46-45_No-00

掃除をする場合には、エアコンとフィルターの関係性を理解しておく必要があります。

まずフィルターを外す前に周囲のパネル部分についているホコリを掃除機で吸い取りましょう。そうすれば、ホコリが降ってくることを防げるのです。

フィルターを外すときにはゆっくり丁寧に行います。非常に薄くて柔らかいプラスチック樹脂でできているので、無理に引っ張ったりねじったりすると、破損する可能性があります。

また、勢い良く引っ張ったりすると奥からホコリの塊が落ちてくるので注意が必要です。

 

掃除方法はまず外側から

SnapCrab_NoName_2014-11-11_15-47-7_No-00

全てにおいて共通する事ですが「ゆっくり優しく」取り扱い事です。フィルターは特に弱い作りになっているので、ちょっとした衝撃で壊れる可能性があります。

さて、外側についているホコリは、外側から丁寧に掃除機をかけてあげましょう。内側からかけると、ホコリが逆に詰まってしまうおそれがあるので注意する必要があります。

また月に一度はお風呂場で水洗いして日陰干しをします。

掃除機でホコリを取り除いただけでは、目に詰まった細かなゴミは完全に取ることはできません。2回に1回は掃除機で吸った後、浴室でシャワーをかけて水洗いをしましょう。

その時のポイントは、シャワーを逆側から当てることです。外側から水圧をかけると、逆にホコリが詰まってしまいます。

 

エアコンの吹き出し口もキレイに掃除しよう

SnapCrab_NoName_2014-11-11_15-47-54_No-00

外部付近もキレイにしなければ、すぐに汚れが内部に入り込むので、同時に片付けてしまいましょう。

吹き出し口は、当然ながら一番大切なところです。熱交換器を通った空気が出てくる最後の部分です。ここが汚れていては部屋中に汚れた空気を撒き散らすことになるので、手の届く範囲でキレイに拭きましょう。

手が届かないところや、自分では自信のない場所はプロに頼むのが懸命です。重要な機器が設置されているところですので、壊すと使えなくなる場合もあります。
エアコンの掃除は、フィルター程度でしたら簡単ですが、吹き出し口は難しいので専門家に頼むのが一番効率が良い方法かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ