初デートでドタキャンされない為におさえておきたい3つのポイント

SnapCrab_NoName_2014-12-9_11-25-49_No-00

初デートをドタキャンされるかされないかは、実は約束をする時点で決まって来ることなのです。特に男性は、初デートの約束をする時には気をつけなければいけません。

自分でちゃんとしているつもりでも、女性が不安がることを知らず知らずにやってしまっていることも考えられ、それが原因でドタキャンされることもあるからです。ここでは、初デートをドタキャンされないための3ポイントをご紹介します。

 

デートの約束の時間帯を朝か昼にする

SnapCrab_NoName_2014-12-9_11-26-35_No-00

初デートの約束をする時に、待ち合わせの時間を夜に設定していませんか?相手が女性なら、初めて会うのに夜から会うとなると、警戒心が強くなるのも当たり前ですね。

最初から下心があるのでは?と考えるのが女性の本音です。初デートをドタキャンされないために、約束の時間帯は朝からか、昼からにしましょう。

 

ドタキャンされない方法はデートまでに期間をあける

SnapCrab_NoName_2014-12-9_11-25-59_No-00

初デートの日は、約束してから何日後に設定していますか?ドタキャンをされないためには、せめて1週間はあけるように心がけましょう。

男性の心理としては、女性の気持ちが変わらないうちに早く会ってしまおうと思うのでしょうが、女性としては色々準備が必要なので、あまり急かされると疲れてしまってドタキャンしたくなってしまうのです。女性は初デートは、普通のデートよりも増して、メイクやファッションなどに気を使います。

そのために、メイクやファッションを考える期間が必要なのです。また、その期間こそが女性が楽しめる時間でもあります。

初デートに向けてウキウキするのが、女性の楽しみでもあるのです。そうした時間を設けて、初デートを充実させられるといいですね。

 

帰る時間を先に決めておくとドタキャンされにくい

SnapCrab_NoName_2014-12-9_11-30-45_No-00

待ち合わせの時間を決めたら、今度は帰る時間を大体でいいので決めておきましょう。初デートから帰る時間が全くわからないというのも、女性は不安になることからドタキャンされる原因となってしまいます。

帰る時間は21時までの時間がベストです。21時を超えてしまうと、やはり下心があるのではないかと考えられてしまいます。

21時と言うと、ディナーを食べて会話をして落ち着いたくらいの時間ですから常識的ですね。もちろん、帰りは近くの駅まで送ってあげるなど、最後まで気を抜かないようにしましょう。

このように初デートをドタキャンされないためのポイントは主に、女性を不安にさせるかさせないかという点にかかっています。女性の気持ちをしっかり捉えて、初めてのデートを成功させましょう!

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ