なかなかNOが言えない?上手な告白の断り方

SnapCrab_NoName_2014-12-13_18-22-57_No-00

好きでもない男性から告白されると答えに困りますよね。少しでも興味がある男性からならいいのでしょうが、断るのも気を使ってしまいます。

変に傷つけてしまったら…、ストーカーされたらどうしよう…という心配で告白されても断り方に困ってしまう女性に向けてここでアドバイスをさせていただきます。

 

告白されて困ったときの断り方

SnapCrab_NoName_2014-12-13_18-22-16_No-00

突然告白されたら、どう答えていいのかすらも思いつかず困ってしまいますよね。ちょっとでも気になっていた男性からだったら、すぐにOKを出せるのかもしれませんが、そうでなかった場合は、本当に困ります。

単純にその男性に興味がないのであれば「ごめんなさい」という断り方だけでもいいのかもしれませんが、それでは諦めてくれない男性も最近は多いようです。そこで何か別の理由をくっつけるのです。

「好きな人がいる」という断り方は結構効きます。さっぱり諦めてくれる場合が多いです。「ごめんなさい」だけではまだ可能性があるかもしれないと思われてしまう恐れがあります。

 

曖昧な断り方は相手を余計に傷つける

SnapCrab_NoName_2014-12-13_18-22-46_No-00

「元カレが忘れられない」という断り方も告白した男性にとってはかなりグサッと来ます。もうこれ以上は踏み込めないなと思うのです。

これは別に嘘でもかまいません。告白の断り方のひとつとしてと言いますか、必要なのです。

曖昧な答え方をすると絶対に変に期待をされてしまい、相手の気持ちも無駄に引っ張ることになりますから気をつけましょう。引っ張れば引っ張るほどに相手は諦められなくなります。

 

相手もきっぱり諦められる断り方を!

SnapCrab_NoName_2014-12-13_18-22-29_No-00

仕事が忙しくて「恋愛をする余裕がない」という告白の断り方も結構有効です。この時にどれくらい仕事が忙しいかを嘘でもいいのでアピールしましょう。

こんなに忙しい女性なら、自分は無理だなと告白した男性も諦めてくれると思います。さらには、その仕事が大好きだということも付け加えましょう。

そこまで生き方をはっきりされると、大体の男性は諦めモードになります。この女性は恋愛対象ではなかったんだなと思うわけです。

そう思ってもらえたならもうこっちのものですね。とにかく変な期待をされないように、傷つけないようにと言うのが鉄則となります。

愛が憎しみとなってトラブルが発生することも多いので、ちょっと告白を断ったくらいで…という甘い考えは捨てましょう。男性のプライドを傷つけないことも大事です。

普段から女性としても、告白された時の上手な断り方を探しておくといいですね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ