ネガティブ思考をポジティブ思考へと改善する方法とは?

SnapCrab_NoName_2014-11-26_19-3-58_No-00

日常生活において嫌な場面に遭遇したり、誰かから怒られたり、気分を阻害されたりすることはよくあります。そんな時は感情面が激しく動くので精神的に疲れてしまい、ストレスも溜まってしまいます。

すると、ネガティブ思考に走ってしまい、さらに落ち込みやすくなる悪循環が発生します。これをどのようにして改善させればよいのでしょうか?

 

ネガティブ思考は過去に問題がある?

SnapCrab_NoName_2014-11-26_19-2-38_No-00

ネガティブ思考は、過去の出来事に捉われすぎていると発生する感情パターンだと言われています。たとえば、大きな仕事でミスをしてしまったり、簡単な問題をケアレスミスで間違えてしまったり。

こうした過去の失敗は、「自分は何をやってもダメな人間だ」と決め付けてしまいます。この発生サイクルは、性格などにも影響しており、前向きな人や後ろ向きでいつもくよくよしている人のように分類されてしまうのです。

過去の出来事を引きずるタイプに、ネガティブ思考を持っている人が多いわけですね。

では、どうすれば改善ができるのかという部分が注目されますが、まずは悪い出来事を美化するようにマインドコントロールするのが手っ取り早い方法です。

失敗をしたことで、何か自分自身にプラスに働いた面もあるハズです。打たれ強くなったり、間違いがないか何回も確認するクセがついたり。

プラスに働いた部分だけを、頭の中で何度も美化します。「あの失敗があったからこそ、今の強くなれた自分がいるんだ」と言い聞かせます。

すると、ネガティブ思考に陥った原因である苦い記憶が、頭の中で良い経験としてインプットされていきます。こうすればネガティブ思考を改善できるのです。

 

音楽を聴いて改善させる

SnapCrab_NoName_2014-11-26_19-3-6_No-00

気分が落ち込んだり、ストレスを抱えるとネガティブ思考に陥りやすいとも言われています。前項では、その根本的な部分から取り除く方法を紹介しましたが、ここでは現実に「今」起こっている状態をどのように改善すればよいのかを見ていきます。

まず、好きな音楽を聴きましょう。人間は耳から入る情報に感情が流される生き物です。昔は言語がありませんでしたから、相手の情報を読み取るにはちょっとした仕草や声、そして獣の鳴き声などを頼りにして生活していました。

その名残が残っている関係で、耳からの情報に大きく感情が左右されるようにできています。ここを上手に使えば、ネガティブ思考を改善できるようになります。

音楽は不思議なもので、種類によっては脳を落ち着かせるα波が発生すると言われています。クラシックや自然の音など、心が落ち着くものをチョイスして取り入れてみてください。

 

今すぐ始められる簡単な方法!

SnapCrab_NoName_2014-11-26_19-4-34_No-00

ネガティブ思考に走りやすい原因として考えられるのは、「未来に不安がある」というのも一因だと考えられています。今働いている会社の先行きが不安だったり、進みたい学校へ本当に入れるのか不安になったりと。

未来へ対する漠然とした不安が積み重なり、暗い気持ちにさせてしまうものです。

これを取り払うのに画期的な方法として注目されているのが、「目標を持つ」という単純な方法です。

人生の目標という壮大なスケールではなく、明るい将来を送るために今何をするべきかという具体的な目標を立てます。人は他の動物と違い本能のままに生きるのではなく、知性を人生に落とし込むことができる稀な生き物です。

目標を持つと、モチベーションが上がりやる気がグングンと上昇します。プラス思考へと気持ちを切り替えるだけの力を持っていますので、思考改善のために取り入れてみてください。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ