旦那にイライラ…そんな時でもイライラしない対処法

SnapCrab_NoName_2014-11-30_10-52-43_No-00

愛情で溢れていた新婚時代は、些細なことではケンカはしませんでした。ところが、結婚して3年が過ぎ、5年が経過しようという時期になると、何故か知らないけど旦那に対してイライラしてしまう・・・。

そんな人は多いのではないでしょうか?もしかして、自分は旦那のことを愛していないのではないかと感じて、気分が落ち込んでしまう人もいるでしょう。

しかし、それは自分のせいではなく旦那(男)の本性を知らないだけです!そこを把握すれば、イライラする原因が分かるので、落ち着いた気分で毎日を過ごせるでしょう。

 

「違ういきもの」として捉えれば怒りの原因も分かる

SnapCrab_NoName_2014-11-30_10-48-25_No-00

旦那にイライラしてしまう人は、男を違う「いきもの」として考えてみましょう。男性と女性は脳の作りが違うと言われています。

女性はマルチタスクと言ってひとつの作業をしながら、複数の物事を並行して考えられます。つまり、食事を作りながら掃除をしたり。テレビを見ながら片付けをしたり。

そして女性は会話というコミュニケーションを通じて、相手とのスキンシップを図る方法を採用しています。そのため、仲良しの親友とはよく話しをして、友情を深めます。愛情でも同じような行動を取ります。

ですが男性はこの部分において、女性とは全く違います。そもそも脳の構造が女性とは違い、物事を複数に分けて考えることができません。

そして、愛情を深めるために会話を多くするという方法も不得手です。これは、狩りをしていた時代の習慣がオスとメスの脳を違う風に形成していったとも考えられています。

 

自分と旦那は違うとある程度のことは諦める

SnapCrab_NoName_2014-11-30_10-48-18_No-00

脳の構造が違うので、自分が望んでいる通りに旦那が行動してくれないところで、イライラしていても仕方がないのです。

掃除を頼んでも無駄に時間がかかり、ロクにしてくれない。テレビを見ると会話すらしてくれず、ご飯も同時に食べてくれない。会話も自分勝手な話になりがち!

こうした不満やイライラは、男性を違う「いきもの」と分かっていれば、「なら仕方ないか・・・」と諦めもつくでしょう。女性と同じ土俵で判断すると、あまりにも違いすぎるのでイライラしてしまうわけです。

もう何もかもが違うと思って接してあげないと、夫婦仲が悪くなり冷えてしまう原因にもなりかねません。

 

イライラしない一番いい対処法は?

SnapCrab_NoName_2014-11-30_10-53-39_No-00

つまり、男性は根本的に女性とは考え方も行動も全然違うんだと認識してあげれば、イライラしないで済むのです。

全てを知る方法は実に簡単。今現在、自分がイラっとしてしまう相手の行動や態度を認識してあげればいいのです。それが簡単にいえば、男と女の違いになります。

そして、そういった部分を知っていくと「旦那って本当に単純」と心の底から実感するでしょう。そのくらいの気持ちで毎日を生活していけば、不思議と怒らなくなるものです。

あの人と自分は違ういきもの。こう思えれば、夫婦関係は上手くいったも同然なのです!

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ