ムカついた時でも、簡単に怒りを抑える方法

SnapCrab_NoName_2014-12-2_8-57-13_No-00

日本の現代社会は「ストレス社会」と言っても過言ではありません。日々の暮らしの中で、ついついイライラしてしまうこと、不安に感じる事案などは多いものです。

ストレスは負の感情として怒りや哀しみと密接に関係しています。すると、心のほうも不調になり、胃や腸を壊してしまう可能性もありますので、無視できません。

また、最近は5人に1人がストレスが原因で睡眠障害を抱えているとも言われていますので、放置しておかないのがベストです。

そんな社会ですから、怒りを抑える方法などはいくつも紹介されており、実践的なものも存在します。どうすれば、怒りという感情を抑えられるのでしょうか?

 

好きな香りはイライラが吹っ飛ぶ!

SnapCrab_NoName_2014-12-2_8-55-47_No-00

自分がイライラしているなと感じたら、気分を落ち着かせる必要があります。その時にもっとも効果が高いと言われているのが「匂い」です。

人は、嗅覚から感じる匂いによって感情が左右されると言われています。その良い例が香水でしょう。

自分は好きで気持ちが落ち着くから付けているが、違う人からすれば不快なニオイと感じ取り、不機嫌になるかもしれません。人は匂いの好き嫌いがハッキリしているので、感じ方は大きく異なります。

イライラしている時は、逆にこの方法を利用してあげます。つまり、「自分が好きな香りを嗅ぐ」のです。

すると、気分が落ち着いてイライラがどこかへ吹き飛んでいるかもしれません。最近は、雑貨屋などでアロマオイルが販売されていますね。

脳が安らぎを覚えると言われているのがラベンダーやローズの香りと言われています。ですが、上記で記した通り自分に合う匂いというものがありますので、自分好みのを選び嗅ぎましょう。

 

運動は最高の気分転換に

SnapCrab_NoName_2014-12-2_8-56-20_No-00

怒りを抑える方法として、多くの人が実践して効果が高いと言われているのが「運動」です。体を動かすことによって、気分転換になり考えが冷静になります。

運動をすると、血液の循環が良くなり、有酸素運動では体全体に酸素がいきわたります。それは当然脳にも届きますので、思考がクリアになるだけでなく、ドーパミンという興奮物質も分泌されるので楽しい気持ちにさせてくれます。

怒りを感じているときは、負の感情を持っているので、そこに「楽しい」という正の感情を織り交ぜます。すると中和されて、穏やかに自分を取り戻すことができます。

イライラを感じたら、人や物に当たるぐらいだったら運動をして気分転換したほうが、よっぽど健康的ですよね。それなりの効果が期待できるようです。

 

ムカついたら客観的に自分を見つめてみよう

SnapCrab_NoName_2014-12-2_8-56-41_No-00

怒りを抑える方法の中でも、個人差が分かれるのが「楽観的に考える」という方法です。怒りを感じている人は、その前に何かキッカケがあったハズです。

上司や先生に理不尽な理由で怒られたり、逆に部下や後輩があり得ない失敗をしていたり。それぞれ理由は異なりますが、そのイライラの原因であるキッカケをできるだけ楽観的に捉えます。

「長い人生だからこんな経験もあるさ」と客観的に自分を見つめ直すと、意外にもイライラしていた自分がバカらしく感じてその後はいつもの自分を取り戻している場合が多いのです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ