大学に入ったけど友達がいない人急増中!その原因とは?

SnapCrab_NoName_2014-12-3_20-48-8_No-00

中学、高校とそれなりに友達が出来た。コミュニケーション能力も、人並みにはあるほうだ。だから、大学でも大丈夫だろう。

多くの人は上記のような簡単な考えで大学に入学し、現実と理想のギャップに驚いてしまうものです。高校までは友達に不自由したことが無い人に限って、大学になると友達が出来ない場合が非常に多いのです。

何故、大学になると友達がいない人が増えてしまうのでしょうか?そこには、思春期を通り越して大人になった人々と、高校とはシステムが違う環境に原因が隠されているようです・・・。

 

友達がいないのは大学にクラスがないのが原因

SnapCrab_NoName_2014-12-3_20-47-54_No-00

一般的な高等学校では、クラスが設けられており1年間同じ教室で同じ授業をしたりと、顔を合わせる機会が非常に多いです。人間は何度も顔を合わせている人とは心が通じやすくなるので、自然と友達になれます。

保育園や幼稚園の頃から続いているこの仕組みを通じて、協調性や社会性、コミュニケーション能力などを養っていく訳ですね。一緒にご飯を食べて、掃除をして、勉強の話し合いなんかもするのですから、仲の良い人が増えても何ら不思議ではありません。

ところが、大学生になるとそうした環境が一変します。まず、クラスという概念がありませんので、1年間ほぼ毎日のように顔を合わせる人が皆無になります。

そして食事の時間もバラバラですし、掃除は大学が雇っているパートさんが行うので、学生は何もしません。今までとは違い、孤立をする環境が整っている訳ですね。

今までは、半ば強制的にクラスが決められ、そのメンバーで1年間をやってくれ!という環境だったので、友達を作るのには楽な状況でした。ところが大学では、そのような強制的なものはありませんので、ほんとうに自由で、0から全てを構築しなければならないのです。

そのため、大学に進学した途端に、友達がいないと嘆くようになった人が多いのです。

 

自分に合う友達がなかなか見つからない

SnapCrab_NoName_2014-12-3_20-48-47_No-00

大学は高校とは違い、幅広い年齢層の人が通っています。比較的年齢が近い人が多いですが、2浪や3浪している人などは同じ回生でも、年齢は上というケースもあります。

思春期を過ぎて、大人の心を持っている人が多くなってきているので、友達を作るという考えを持っていない人も少なくありません。勉強をするためだけに通い、それ以外の馴れ合いなどは排除したいという気持ちを持っている人も少なからずはいるのです。

そして、全国から集まってきますから様々な性格を持ったキャラクターが登場します。自分に合うという人を見つけるのが、中々に大変という特徴もあります。

友達がいない人が多いというのは、急激に変わるキャラクターの変化が大きな原因を占めている可能性はあります。

 

まずは積極的にサークルに参加しよう

SnapCrab_NoName_2014-12-3_20-50-48_No-00

では、どうすれば友達がいない人でも、仲良しな人を作れるのでしょうか?

まずは自分から動く必要があります。クラスという概念が無いので、それに近いものを求めるのです。

一番手っ取り早いのがサークルです。サークルは活動日が決まっていますので、マジメに参加していればその時に顔を合わせる人が増えます。

そこから友情が芽生える可能性はあります。自分から、積極的に行動するという態度が、大学で友達を作るのに相当重要な要素を担っているのです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ