筋トレが続かない…やる気とモチベーショを上げる方法

SnapCrab_NoName_2014-12-9_11-20-39_No-00

現代的な暮らしは、科学技術の進歩により非常に便利で快適になりましたね。ただ、その関係で肉体労働をする時間が少なくなったので、体型が崩れてしまう人が続出しています。

日本でも問題になっていますが、世界では特に「肥満」が深刻化されているのも、便利な世の中になったのが関係しているでしょう。

美しい体型を維持するには、適正体重はもちろんのこと、ある程度の筋肉がついている必要があります。そのため多少の筋トレは必須であり、いかに長期間続けるかがポイントになります。

 

モチベーションが下がると筋トレは続かない

SnapCrab_NoName_2014-12-9_11-21-17_No-00

美しい体型になる為の、筋トレはコツコツと積み重ねていく必要があります。そこには継続性が必要であり、モチベーションを常に高めていかなければなりません。

最初の頃は燃えているので、多少ツラいメニューでも「頑張ろう!」という気持ちにさせてくれます。ですが、3日目、1週間目となるとだんだんと「今日は疲れているから明日やろう」という弱い心が出てきます。

そしていつの間にか、筋トレをしなくなっている・・・。

こんな経験をしている人は少なくないでしょう。何故このような思考に走り、行動をしてしまうのでしょうか?

考えられるのは、モチベーションが日時の経過と共に下がってしまい、そのまま放置していたからでしょう。実は筋トレを継続的に取り組むには、モチベーションが下がっても、そこから上げていく方法を知らなければなりません。

 

未来の体型を想像してモチベーションを上げる

SnapCrab_NoName_2014-12-9_11-21-26_No-00

筋トレを継続させ、肉体美を手に入れるにはそれなりの期間と継続性が必要になります。短期間で美しい肉体を手に入れられるほど、人体の組織は簡単な構造をしていません。

体型に変化が現れないと、大変な思いをしているのに報われていないように感じて、中々やる気というか「頑張ろう」という強い気持ちが沸いてきませんよね。

そこで「未来を想像」してみてください。半年後でも1年後でも、現在行っている筋トレを諦めずに取り組んだ先に見る美しい自分を想像します。

そこにはポジティブな考え、感情を味わえるでしょうから、その気持ちを忘れずに記憶してください。諦めそうになった時には、その未来に広がるポジティブな雰囲気を大切にしておけば、気持ちを高めて取り組めるでしょう。

 

モチベーションを上げる方法は短い時間と質にこだわる

SnapCrab_NoName_2014-12-9_11-20-28_No-00

勘違いしている人も多いですが、筋トレは「回数よりも負荷(質)」です。腕立て100回を雑にやるよりかは、1回にかける負荷を高めて少ない回数できっちりと追い込んだほうが、効果は高いです。

この基本的な部分を把握しておけば、今までに1時間もかけて行っていた人は、気持ちがスッキリするのではないでしょうか?

モチベーションが下がってしまう原因に、「思っていた以上に時間を使う」ところがありますね。仕事が遅くなってしまった時や、急な用事が入ってしまったときなど、継続できない時に1回諦めてしまい、それがいつしかずっと続いてしまうものです。

ですが、本来は短い時間で、少ない回数でキッチリと追い込むのが筋トレの基本になります。目安は「1日15分程度で週3日」と言われています。

たったこれだけ?と思うかもしれませんが、この方法で何ら問題はありません。このように考えれば、モチベーションを高めて継続できる人も多いものです。。

まずは基本を理解し、気持ちを楽にさせてあげましょう。

筋トレだけでなく、モチベーションを上げる方法を知っておくことは重要です。上記の内容を参考にして、自分が行っている方法の再確認からしていきましょう!

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ