生理前のイライラを抑えよう!イライラの原因と対処方法

SnapCrab_NoName_2014-12-9_12-18-19_No-00

毎月やってきて、気持ちがブルーになる生理。なんで女性にだけこんな苦労をさせるのか、怒りを交えて神様に聞いてみたい気もしますよね。

しかし、生理前はなんでこんなにもイライラするのでしょうか?いつもは穏やかな性格をしている人でも、その時期になると別人のように感情の起伏が激しくなります。

その原因は、どうやらホルモンバランスの崩れにあるようです・・・。

 

生理前のイライラの原因はホルモンバランスの乱れ

SnapCrab_NoName_2014-12-9_12-18-26_No-00

生理前にイライラする症状をPMS(月経前症候群)と呼ぶようです。生理がはじまる1週間ぐらい前から、心と体に特徴的な症状が出始めます。

心の面では、イライラや落ち込み、不快感、攻撃的になったり、逆に落ち込んでしまったり。

体の面では、頭痛や肩こり、下腹部の痛み、便秘、疲労感などを伴います。どちらもダブルで来る場合が多いので、尚更ブルーな気分になってしまうんです。

PMSは個人差があり、全然症状が出ない人もいれば、起き上がるのもツラいほど深刻な悩みとして持っている女性もいます。

これらは全てホルモンバランスが崩れていることが大きな原因とされています。月経が始まる前はエストロゲンと、プロゲステロンの2つの女性ホルモンのバランスが崩れていきます。これにより症状が発生するのです。

 

対処方法はバランスの摂れた食事

SnapCrab_NoName_2014-12-9_12-19-33_No-00

では、生理前の女性ホルモンバランスの崩れによるイライラは、どのようにして対処していけばよいのでしょうか?

それにはいくつか方法があります。まずはバランスの取れた食事を摂ります。

女性ホルモンに似た働きをする「イソフラボン」は、大豆に多く含まれています。そのため、生理前には大豆製品を意識的に多く摂取すると良いと考えられています。

その中でも、豆乳がオススメです。豆乳は液体なので納豆を食べるよりも、体内での吸収が早く効率が良いです。

そしてすぐに浸透してくれますので、イソフラボンの効果をしっかりと感じ取れるのです。バランスの良い食事を基本として、大豆を意識的に摂る生活を心がけましょう。

 

ストレスを溜めない!

SnapCrab_NoName_2014-12-6_10-48-43_No-00

生理前のイライラの対処として注意するのがストレスを溜めないことです。現代社会を生きていれば、多くのストレスを抱えるので、これを達成するのは何かと大変かもしれません。

しかし、ストレスはPMSを悪化させる最大の原因とも言われています。できれば、この症状が出る前にアルマオイルの香りで癒されたり、お気に入りの音楽を聞いて気分転換しましょう。

こうした方法を用いて、なんとか溜めたストレスをその日のうちに解消しておきましょう。これがずるずると翌日にまで引きずると、大変ツラい気持ちになりますので、注意が必要です。

 

体を冷やさないような工夫を

SnapCrab_NoName_2014-12-9_12-17-49_No-00

女性にとって、生理前の時期は一番体のことを考えておかなければいけません。PMSはホルモンバランスが崩れる時に発生するものですから、同じく崩す効果がある「冷え」をどうにかして防がなければいけません。

そのため体を温めて、自律神経を乱さないように工夫します。暖かい服装を心がけたり、夏場は冷房の当たりすぎに注意するなど少しだけでも神経質になっておきましょう。

 

適度な運動でイライラを解消する

SnapCrab_NoName_2014-12-3_20-43-30_No-00

さて、生理前のイライラを防ぐのに重要な対処法として常に紹介されているのが「適度な運動」です。これは上記の体を温めるという部分に通じるところがあります。

運動すればストレス解消にもなり、基礎代謝を上げるので体温が高めになります。ホルモンバランスを整える働きも期待できるので、ダルい時期ですが頑張って苦痛ではない運動を心がけましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ