自分らしさを出そう!人見知りを克服する簡単な方法

SnapCrab_NoName_2014-12-13_11-40-8_No-00

人にはそれぞれ違った性格があります。それらは個性となり、この社会を形成しています。

そのため、性格がこうだから悪いとか、こんな風になりなさいという答えは存在しません。それぞれが、重要な役割を持っているので、本来ならば個性は大切に扱う必要があります。

そうは言っても、そこで暮らす人々には「意識」がありますから、「こんな自分は嫌だ」と感じて直したいという人もいるでしょう。

最近多くなってきているのが、「人見知りを克服したい」という悩みです。初対面の人に対して警戒心が強くなり、自分のことを知られたくないという気持ちが働き、何だか恥ずかしくなって話しかけるのが難しくなります。

どうすれば人見知りは克服できるのでしょうか?

 

人見知りの場合はファーストコンタクトを特に大切にする

SnapCrab_NoName_2014-12-13_11-38-27_No-00

人見知りの人がコミュニケーションを取るのが苦手という訳ではありません。もちろん例外はありますが、相手をしっかりと分かっている場合には、何も問題なく話しかけられますし、意見を交わせます。

問題なのは、ファーストコンタクトです。初対面で最初の会話の時に、頭が真っ白になり何を話せばよいのか分からなくなってしまうという部分が悩みなわけです。

それを解消するには、「他人との接触に慣れる」という方法が一番最適です。つまり、緊張する最初の瞬間に何度も慣れていく訳ですね。それには接触機会というものを増やしていくしかありません。

 

克服方法は人と接する機会を増やす

SnapCrab_NoName_2014-12-13_11-37-4_No-00

接触機会を増やすには、初対面の人と話ができる環境に自分から向う必要があります。たとえば、サークルに参加するとか、地域で催されている行事に積極的に参加してみるなどがあります。

一番良いと言われているのが「ボランティア」ですね。土曜日や日曜日には地域住民が集まり、違う場所に行きボランティア活動を行う取り組みが場所によってはあります。

そうしたところに積極的に参加すると、初対面の人ばっかりです。最初は難しいかもしれませんが、少しずつ「初めて出会う」という体験を増やしていくと、自分の心が大きく変化していくのを感じるでしょう。

そしていつしか、特に緊張することなく初対面の人と会話が出来ています。慣れと言えばそれまでですが、自分から困難に立ち向かったという点で見れば「克服」したことになりますよね。

 

一番楽なのは周りの目を気にしないこと

SnapCrab_NoName_2014-12-13_11-37-25_No-00

人見知りをする人の特徴として「相手に自分がどう思われているのか気になる」というのがあります。これによって一歩踏み出す勇気が持てずに、マゴマゴしてしまうのです。

克服したいのであれば、人の目を気にしないように訓練しなければいけません。第一印象で70%はその人の中身を見抜くとまで言われていますから、何としても人見知りは克服したいですよね。

人の目を気にしないようにするには、「相手は自分なんて存在を夜には忘れているだろう」と考えるのが重要です。

人見知りの人は、コンビニやスーパーの店員さんに質問をするのだけでも恥ずかしいものです。何度も挑戦しようとはしたけど、どうも上手くいかない。

しかし、相手は「仕事」として対応をします。そのため、夜には自分のことなんて忘れているでしょう。いや、もしかしたら接客した数分後には記憶に無いかもしれません。

人間は思っている以上に、初対面の何の繋がりもない人のことは意識していないものです。

そう思うと、人の目を過剰に気にしているのがバカらしくなってきませんか?相手はどうせすぐに忘れるんだ!という軽い気持ちで挑めば克服するのも近いでしょう。

このように、人見知りを克服したい場合には「根本」から直すのと「考え方を変える」という側面から直すという2つの方法があります。上手に用いて克服していきたいものですね!

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ