姑が嫌い…!そんな姑でも仲良くなれる3つの方法

SnapCrab_NoName_2014-12-16_10-20-34_No-00

嫁と姑はほとんどの場合、合わないことが多いです。性格や価値観が合わずに衝突したり、衝突まではいかなくても何となく距離があったりと、付き合いも長くなればなるほど大変になってきます。

そうした中で、どうしても好きになれず、あまりにも嫌いすぎて拒否することもありますよね。それでも家族が仲良くしていくためには、嫁はそれなりに努力をしなければいけません。

ここでは、嫌いな姑となんとか仲良くするために努力したい3つの方法をご紹介します。

 

嫌いな姑の良いところを書き出してみる

SnapCrab_NoName_2014-12-16_10-21-19_No-00

相手が姑でなくても、嫌いだと思う人に対しては悪い目しか向けられなくなりますよね。この人の全てが悪のように思い込んでしまっていることも多いのかもしれません。

しかし、人間である限り全てが悪いという人は絶対にいません。どこかに良いところもあるはずなのですが、それをあなたが見ようとしていないだけなのです。

姑の良いところをメモ帳かなにかに書き出してみてください。書き出そうと努力することで良いところを改めて発見できるかもしれません。

良いところを発見できるだけでも、かたくなに嫌いだと思っている心が少しはほぐれるかもしれません。

 

仲良くする方法は共通点を作る

SnapCrab_NoName_2014-12-16_10-21-42_No-00

姑とは、どうしてみても価値観が合わないと頭から決め込むのはやめましょう。それはあなたが姑に歩み寄ろうとしていないからかもしれません。

嫌いだと思うと余計に人間は相手と違う選択をしてしまうものです。気持ちはわかりますが、少し心を柔軟にして姑の考えとの中に共通点を見出してみませんか?

ちょっとした意識を変えるだけで意外に共通点が多くて仲良くなれることもあります。よくよく聞いてみたら趣味が同じだったとかそういう嬉しいハプニングもあるかもしれないのです。

 

姑の前で旦那のことを褒め称える

SnapCrab_NoName_2014-12-16_10-21-54_No-00

姑と仲良くするためには、とにかく旦那を褒め称えましょう。息子のことを褒めてくれる人に対して悪い目を向ける母親はいません。

そうした褒め言葉から嫌いという思いがお互いにほぐれてきて、急に距離を縮められることもあるのです。自分の自慢をするくらいなら旦那の自慢をしてあげましょう。

さっきまでしかめっ面をしていた大嫌いな姑の表情が一気に優しい母親の顔に変わるかもしれません。それによって、あなたが姑を見る目も変わるかもしれませんよ。

嫁と姑の仲はちょっとしたことで悪くもなりますが、逆にちょっとしたことで仲良くなるかもしれないのです。いつまでも嫌いと思い続けている方が実は辛いのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ