勉強嫌いも克服できる!モチベーションをコントロールする方法

SnapCrab_NoName_2014-12-17_20-47-58_No-00

学生時代にもっと勉強しておけば良かったと、大人になって感じる人もいるでしょう。その当時は、現在の生活が重要であり未来のことなど全く考えてもいなかったのですから、無理はありません。

子供でも大人でも勉強をするには、それなりのエネルギーが必要になります。脳がやる気になるにはモチベーションを常に高い状態を維持させる必要があります。

それができれば、嫌いな勉学も気持ちを高めて取り組めるでしょう。では、その方法とは一体どういったものなのでしょうか?

 

なぜ勉強が嫌いなのかを自分に聞いてみる

SnapCrab_NoName_2014-12-17_20-47-35_No-00

勉強が嫌いだという人は、その作業そのものに興味を持っていない場合が多いです。好きでもない教科の知識を深めたところで、何の役に立つのか分かりませんし、そんなところに費やしている時間があるならば、スポーツや遊びなど趣味に使いたいというのは自然な流れかもしれません。

まずは、この基本的な部分から変えていく必要があります。

「何故自分は時間を犠牲にしてまでも、勉強をしなければいけないのか?」と、人はとにかく行動に理由を求めたがります。特に好きでもない事柄に取り組もうと思うと、それは尚更のことです。

 

楽しいことをイメージしてモチベーションを上げる

SnapCrab_NoName_2014-12-17_20-48-16_No-00

それらを上手に使うには「現実だけでなく未来を想像させる」という手法を用います。これは、継続的にコツコツと行う必要がある作業に関してはどれも言えます。

その作業を行った結果、未来はどのように変化したのか?そしてどんな風な明るい姿を想像できるのかを考えていきます。

毎日コツコツ貯金をしていれば、ブランドのバックが買えたり、海外旅行に行けるかもしれません。そこにはきっと、楽しいや嬉しいという明るい感情が芽生えているでしょう。

この気持ちこそが、モチベーションを上げるのに最適なのです!勉強をする理由が見つからなくても、その作業を続けた結果、自分に起こるポジティブな感情を捉えます。

行きたいと思っていた学校に進学できるかもしれませんし、持ちたいと思った資格を手にいれられるかもしれません。

「明るい感情を未来に見出す」のが実は重要なのです。

 

誘惑には絶対に負けてはいけない!

SnapCrab_NoName_2014-12-17_20-48-52_No-00

未来を想像して、明るい感情を持てば現在している行動も無駄ではないと感じます。ですが、これだけでモチベーションを常に高められるかと言えばそうではありません。

人間は毎日様々な感情が交錯し、乱れやすい環境で生活しています。目標があったとしても、やる気がでないという日はどうしてもあります。

もしくは、勉強疲れで何だか知らないけど違うことを考えていたり、いつの間にかテレビを観ていたり・・・。現代社会では、いたるところに誘惑がありますので、それらに負けてしまうと、いつの間にかモチベーションが下がってしまうものです。

テレビやパソコン、ゲーム、スマホなどを身近に置かないような、環境を変えるという必要はあるかもしれません。ですが、それでやる気が上がるかといえばそれもまた違う問題なのです。

 

モチベーションをコントロールする方法の一つにスクワットがある

SnapCrab_NoName_2014-12-17_20-49-19_No-00

勉強でのモチベーションを上げるには、趣味や自分の好きなことを禁止にするのではなく、息抜きとして活用したほうが良いという研究結果もあるようです。

もちろん時間厳守で、それが守れない場合はするべきではありませんが、息抜きというものはモチベーションをコントロールするのに重要な働きをします。

1時間したら5分は休憩(息抜き)という風に、自分でスタイルを確立させてみましょう。

もし、脳が疲れてやる気を失っているならば、10回程度のスクワットがオススメです。足の筋肉を動かすと血流の流れが活発になり、基礎体温が少し上昇します。

すると、脳に血液と新鮮な酸素が巡りますので、疲労回復に役立ちます。疲れはモチベーションを阻害しますので、それを取り除く方法も毎日取り入れていきましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ