自律神経を整える方法!心と体のバランスを整えるポイント

150128-0023

自律神経失調症には様々な症状があります。息苦しさ(過呼吸など)、頭痛、肩こり、めまい、不安感、手のふるえなど、特定できるものがありません。

「あれ?そういえば・・・」と、思い当たる節はありませんか?今まで原因不明だったその症状は、もしかして自律神経失調症かもしれません。

これらの症状が起こる原因は、自律神経にあります。自律神経失調症は、心と体のバランスが崩れて起こる病気なのです。

 

心と体のバランスを保つ自律神経って?

150123-0023

自律神経は、興奮・活動の神経と呼ばれる「交感神経」と、鎮める・休む作用を働かせる「副交感神経」の調節を行う神経です。これらの調節によって、身体的・精神的な安定を保ちます。

 

交感神経とは

興奮・活動作用を働かせる神経。
・瞳孔を拡大する
・呼吸を激しくする
・心拍数増加
など。

 

副交感神経とは

鎮静・休息作用を働かせる神経。
・瞳孔を縮小させる
・呼吸を穏やかにする
・心拍数減少
など。

 

自律神経がバランスを崩すと…

150128-0001

交感神経が極度に興奮することで起こる

・驚き、突然の恐怖感
・激しい怒り

 

交感神経・副交感神経の両方が抑えられていることで起こる

・失望
・抑うつ、憂鬱状態
・悲哀
・激しい疲弊

 

どちらの神経も興奮していることで起こる

・持続的な不安
・緊張、焦り
・怒り
・興奮
交感神経と副交感神経の均衡を保てなくなったとき、以上のようなことが起こりやすくなります。

これらのバランスがとれているときは平穏で落ち着いていることがほとんど。

程良い緊張感とリラックス感がうまく調和できれば、精神は穏やかに保つことができるのです。

 

乱れた自律神経を整える方法は?

150116-0020

 

乱れた自律神経では、通常の生活が困難になることも珍しくありません。

心療内科で処方される抗不安薬や抗うつ薬のお世話になることもあります。

そんな自律神経の乱れを整えるには、どうしたら良いのでしょうか。

まずは、改善の前に乱れている原因の究明が必要です。

・生活習慣の乱れ
・睡眠不足

などが主にあげられますが、生まれつき乱れやすい人もいます。

はじめに、生活習慣を見直してみましょう。

・夜更かしをよくする
・夜勤の仕事などで昼夜逆転生活をしている
・不規則な食事
・睡眠は6時間未満しかとれない

当てはまる箇所があれば、まずはそこからです。

不規則な生活リズムは体内時計を狂わせ、自律神経に支障を来しやすいのです。いち早く症状を改善し、自律神経の正常化をはかるには、睡眠を十分にとることを中心とした生活リズムづくりが効果的。

 

朝は同じ時間に起きて整える

寝る時間はバラバラでも、朝起きる時間は同じにしてみましょう。

すると、体は自然に起きている時間帯を覚えます。

 

朝日を浴びて整える

同じく朝、起きたらできるだけ朝日を浴びましょう。
光を視覚的・感覚的(温度)に感じることで眠っていた体が目覚めます。

 

食事の時間帯・回数は一定に保って整える

食事の時間帯も起床と同様に毎日同じ時間が望ましいでしょう。

一日三食を基本に、食事回数も一定を保って。

 

寝る前はスマホいじりをやめて整える

寝る前にスマートフォンや携帯電話をいじる人は多いと思いますが、これはやめましょう。

画面の光は思いのほか明るすぎて、睡眠を妨げます。

 

睡眠時間を十分に確保して整える

できれば、睡眠時間は多めに6時間以上とるのが望ましいです。

お仕事の関係で無理ならば、休みの前の日だけでも早く就寝し、睡眠時間を確保するなどの工夫を。

 

長く続けることが大切

体内リズムを整えることで、自然と自律神経も整います。

体質の改善のようなものですので、速効性を求めても意味がありません。

気長に続けていきましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ