メンタル・気持ち

手軽に試せるハーブを使ったイライラ解消法4選

投稿日:

手軽に試せるハーブを使ったイライラ解消法4選

寒くなってきて、なんだか心も体もモヤモヤした日が続いていませんか?

イライラが溜まっているけど、発散できない。年始の慌ただしさは落ち着いたものの、運動に行ったりする時間もないし・・・。

そんな時は、毎日の生活にハーブを取り入れてみてください。

今回は、手軽に試せるハーブを使ったイライラ解消法4選についてご紹介していきます。

 

明るい気持ちになってイライラを吹き飛ばす「セントジョーンズワート」

手軽に試せるハーブを使ったイライラ解消法4選

まずは、超強力な効果を持つセントジョーンズワート。ドイツをはじめ、欧州では医薬品に準ずるレベルでハーブを処方することがあります。

こちらはその中でも有名なもので、沈みがちな心を癒す作用があります。明るい気持ちになることから、「ハッピーハーブ」「サンシャイン・サプリメント」と呼ばれることも。

カプセル状になっている商品もありますが、この季節はぜひ、ハーブティーで飲んでみてください。温かい蒸気と共に乾草のような香ばしい匂いが立ちのぼり、イライラが吹き飛んでいきます。

ティーバックに入ったものが、百貨店や食品雑貨店、通販などで手軽に購入できます。

お湯を注いで、好みの濃さになったら葉を取り出せばOK。難しいことは必要ありません。

ちょっとスーっとする麦茶のような味。癖がないので飲みやすいです。

砂糖やレモンを加えても美味しいですよ。

 

「ミント」は万能ハーブ!ドーパミンの分泌を促してイライラ解消してくれる

手軽に試せるハーブを使ったイライラ解消法4選

お次は、何かと便利で優秀なハーブであるミントです。

料理の上にちょこんと乗っかっていると、なんとも華やかですよね。定番中の定番とも言えるハーブであるミントですが、イライラ解消には強力な助っ人となります。

もともとミントは清涼感のある味わいから、胃腸の調子を整えたり、乗り物酔いを防ぐ目的でも使用されてきました。この従来の作用に加え、最近ではリラックスにも有効なことが分かってきました。

イライラを感じるのは、ストレスホルモンであるコルチゾールという物質が関係しています。

このコルチゾールを分泌させないようにするのが、脳内神経物質ドーパミンです。

ミントの醍醐味でもあるスーっとする成分であるメントールは、ドーパミンの分泌を促す作用があるのです。

うつ病の人には、ドーパミンが分泌されにくい状態になっていること、コルチゾールの値が優位に高いことが分かっています。

日ごろからドーパミンを増やして、心のバランスをケアしていきたいですね。

ミントは、ハーブティーとしても他のハーブと非常に相性が良く、気軽に飲むことができます。

また、エッセンシャルオイルを活用したアロマテラピーでの利用もお勧めです。

夕食後の寝室で焚いておけば、読書がはかどりそうですね!

 

仕事中のイライラ解消には「ジャスミン」がおすすめ!

手軽に試せるハーブを使ったイライラ解消法4選

ここまで、リラックス系ハーブからのイライラ解消法をお伝えしてきましたが、こちらは集中力を高めつつストレスを解消するハーブ、ジャスミンです。

ジャスミンティーに含まれるベンゼルアセテートという香油成分には、自律神経を整える働きがあります。

また、ジャスミンティーにはカフェインが含まれていますから、他のハーブティーのように、仕事中に飲んでしまったら眠くなって困った・・・なんて事態にはなりません。

ご存じのように、カフェインは脳を覚醒させます。そして、先述のベンゼルアセテートは右脳を活性化させます。つまり、覚醒していながら、リラックスしているという最高の状態になることができます。

さらにジャスミンには、ホルモンを調整する働きまであるんです。

男女共に生殖機能に対して有効ですが、女性であれば深刻な問題であるPMSの緩和にもなるというのが嬉しいですよね。ホルモンバランスを整えることは、イライラ解消の近道です。

ジャスミンティーは、安価なものであれば普通のスーパーで手に入ります。

夏なら水だしでも飲むことが出来ますから、職場に持っていく飲み物としてはうってつけではないでしょうか?

 

癒し力とリラックス効果でイライラを解消する「ラベンダー」

手軽に試せるハーブを使ったイライラ解消法4選

色々試してみたけど、どれもいまいち。やっぱりハーブなんて効果がないんだ。

そう思っている方にこそ試してほしい、奥の手のご紹介です。寝室にお勧めのハーブであるラベンダー

なぜ寝室にお勧めかというと、日中にオフィスなどで使うと寝落ちの危険があるからです。

リラックス効果がとても高いので、夜専用なんて言われることもあるのがこのハーブ。

品のある青い花弁が目も喜ばせてくれますよね。

ラベンダーは「ハーブの女王」とも呼ばれ、食用、薬用、アロマ、日用雑貨にまで取り入れられるほどの人気です。

その鎮静作用は目を見張るほどで、昂ぶった神経を鎮静化させるのはもちろん、胃痛や生理痛、皮膚の炎症にも効果を発揮します。

深いブルーが象徴するように、その香りを嗅ぐと、どこまでも心が静かになっていくはず。

精油として売られているもののうち、効果が高いのは真正ラベンダーと呼ばれるもの。

こちらはミントやオレンジといった他のアロマに比べると高価ですが、一度嗅ぐとその芳香に酔いしれてしまうでしょう。

ハーブティーとしての使用もお勧めです。ハーブ専門店に行くか、ネット通販でしたら様々な種類のラベンダーティーが売られています。

ブレンドされたものも飲みやすくてお勧めですが、もしハーブティーらしい味に抵抗がないのであれば、ここはぜひ、ブレンドされてないリーフを買ってみてください。

お湯を注いだ瞬間、部屋中に芳香が広がります

ガラスのティーポットでしたら、綺麗なブルーが目も楽しませてくれますよ。

手軽に試せるハーブを使ったイライラ解消法4選

それから、スターバックスの定番メニュー「ラベンダーアールグレイティー」も、ハーブの効能を十分に発揮します。

イライラの治まらない仕事帰り、スターバックスに寄ってリラックスしみてはいかが?

イライラ解消の効果を最大限に高めたいのであれば、ソイラテのオールミルクがいいですよ。

「ラベンダーアールグレイ、ソイラテ、オールミルクで」。

ちょっと言いづらいけど、イライラしないでくださいね!

 

まとめ

ここまで、日常に気軽に取り入れることのできるハーブを使ったイライラ解消法4選を見てきました。

試してみたいと思うものはありましたか?

今回ご紹介したハーブ以外でも、気になるものを見かけたらぜひ試してみてください。

良い香りに包まれて一日を終えることができたら、翌朝は笑顔で目覚められるはずですよ。

他にこんな記事も読まれています

-メンタル・気持ち

Copyright© Nanaコレまとめ - 生活に役立つ情報サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.