お札をキレイな新札に交換する小技テクニック

SnapCrab_NoName_2014-11-19_13-32-59_No-00

何かと役に立つのが新札ですね。高級レストランやホテルなどのお会計の際の基本的なマナーとして、新札を出すというのがあるくらいです。

ですが、常に持ち歩くものではありません。いざ必要となった場合には通常のお札と交換する必要があります。では、どういった場所で交換ができるのでしょうか?

 

身近な人に新札に交換してもらう

SnapCrab_NoName_2014-11-19_13-33-37_No-00

交換するという意味において、一番頼りになるのが「家族や友人」でしょう。借りるわけではありませんから、気兼ねなく尋ねることができますし、交換してほしい理由を説明すれば断る人も少ないでしょう。

相手が持っているかどうかは、その時になってみないと分からない部分はあります。それでも可能性としては残されているわけですから、試してみる価値はあるかもしれません。

 

一般的な方法は銀行窓口で交換してもらう

SnapCrab_NoName_2014-11-19_13-38-28_No-00

一番信頼性が高いと言われているのが銀行ですね。備え付けているATMは機械の判断になるので、確実とは言えませんので、受付でお願いする必要があります。

もちろん預金通帳に交換する分の金額が入っているのが条件にはなります。それが出来ている場合には、出金金額を受付でもらう用紙に記入して渡します。

その時に「新札でお願いします」と一言申し込んでおけば、その通りにしてくれます。できれば必要な用事も沿えておくと尚更良いかもしれません。

銀行の窓口が開いている時間内であれば、地方銀行でもメガバンクでも有効ですので、是非利用してみてください。

 

コンビニやスーパーで新札に交換してもらう

SnapCrab_NoName_2014-11-19_13-34-31_No-00

銀行はすぐに窓口が閉鎖してしまうので、厳しいという人もいるでしょう。そんな時にはコンビニも新札の交換場所として常に候補に挙がります。

コンビニは全国に多く配置していますので、都会になればなるほど身近に存在しています。新札の交換をお願いしたとしても、確実にあるかどうかは分かりません。

もしなかったとしても、違うコンビニを探してそこでお願いするという方法が使えます。都会のほうが、近い距離にコンビニがある場合が多いですから、こうした技が使えるわけですね。いくつか回れば、少しぐらいであれば集まる可能性は高いでしょう。

同じ意味でスーパーも使えるかもしれません。レジがいくつもある大きなお店であれば、お釣り用にお金を一定金額用意していますので、新札との交換に応じてもらえるかもしれません。

ですが、最近は盗難防止のために、お釣りなどは全て機械を通して管理している場合もあります。そうなりますと、専用の鍵を用いて中身を取り出す作業をしなければならないので、困難になるでしょう。

こうしてみると、新札の交換で一番確実なのは銀行ということになりますね。窓口が開いている時間が短いというのが大きなネックにはなります。ここが少し難しいところかもしれません。

時間に都合の付く人が身近にいれば、その人に銀行に行ってもらうという方法も良いかもしれません。いずれにしても、どうにか探せば揃えることはできそうです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ