バイト代の使い道!みんなはどう使っているの?

SnapCrab_NoName_2014-11-19_15-5-32_No-00

地域によっては高校生からアルバイトをしてお金を稼げます。自分が苦労して働いたお金ですから、自由に使えるハズです。

しかし、親から見れば使い道をしっかりと指導しなければ、ちょっと不安だと思う人も多いものです。

では、バイト代の使い道というのは、どのようにして考えれば良いのでしょうか?

 

年齢や環境によってバイト代の使い道が違う

SnapCrab_NoName_2014-11-19_15-2-57_No-00

バイト代の使い道というのは、言い換えれば「お金をどのようにして消費するのか」というものになります。これは中々難しい問題であり、大人でも正確に答えることは難しいのではないでしょうか?

何故かと言うと年齢や環境、時代背景によって使い道というものは大きく変わるからです。未婚の10代と、結婚をしている20代ではバイト代の使い道は大きく変わっていくのは、ある意味当然な結果です。

そのため、この問題を考える時には年齢と背景にあるものを分けて考えていかなければなりません。

 

高校生はどう使うの?

SnapCrab_NoName_2014-11-19_15-3-8_No-00

まず、ここでは10代の高校生がアルバイトをして稼いだお金の使い道について考えていきます。

重要なのは未成年者という環境です。親元からまだ独立をしていない立場になりますから、ひとりで生きていくことはできません。

そのためバイト代をどう使おうとも勝手という訳にはいかないんですね。親からの援助を受けて、その中で仕事をしてお金を稼げているわけですので、自立が出来ているわけではありません。

ということは、使い道にもそれなりの制限が発生すると考えるのが自然です。もちろん、稼いだ本人のお金ですから趣味に使う分には文句を言われる筋合いはありません。

ですが、親に確認を取るという作業は必要になります。まだまだお金の使い方に慣れていませんから、トラブルに巻き込まれる危険性もあります。

できれば親としては、貯金をしてほしいと思うかもしれませんが、それを強要しても子供は言うことを聞きません。であれば、せめてどんな風に使っているのかだけでも把握をするべきなのです。

 

20代以上の人はどう使うの?

SnapCrab_NoName_2014-11-19_15-2-20_No-00

前項では、自立をしていない高校生の立場としてのバイト代の使い道を触れました。

ここでは自立をしている、20代のバイト代はどのようにして考えていけば良いのかを、少し考えていきます。

まず自立をしており、自分で稼いだお金で生活ができている場合には、どんな使い方をしようが誰からも文句を言われません。趣味に使おうが、嗜好品に使おうが、ギャンブルに使おうが勝手です。

しかし、世間一般の考えというものも少しは参考にしておく必要はあるでしょう。一般的に、年収と同程度の貯金を持っている人というのが、標準スタイルだと言われています。

200万円の年収がある人は、貯金が200万円あるというのが理想という訳ですね。なかなか、こうはいかないかもしれませんが、バイト代の使い道として「貯金」というものが一つのポイントになるでしょう。

使ってはいないのですが、お金をどこに移動させるかという面で考えれば、買い物をするのも銀行に預けるのも同じです。つまり自立をしているならば、その生活を安定させるためにも貯めるのが先決でしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ