これで安心!電気代を簡単に節約する方法

SnapCrab_NoName_2014-11-19_16-10-23_No-00

夏場や冬場は、電気代で頭を悩ませる時期です。最近は調理器具でもガスではなく、電気を使う機会も多くなりましたので、使用量は増えていく一方です。

そこで電気代を上手に節約する方法を知っておくことは、家計的にも重要です。では、どんな方法があるのでしょうか?

 

簡単な電気代の節約方法は「自動設定」

SnapCrab_NoName_2014-11-19_16-9-4_No-00

電気使用量で一番多いと言われているのが、「エアコン」です。春や秋などは使わない日が多いですが、夏や冬は毎日のように使いますよね。

これが、使用量を多くしている一番の原因です。そのため、エアコンをどのように使うかが節約に結びつくので、効率のよい使用方法を知っておきましょう。

まず、「設定温度」はあくまでも目安だと知っておきます。夏場は28℃、冬場は20℃というのが世間一般的に言われている室内設定温度ですね。

これ以上にすると、外気に出す熱が大気汚染に繋がる危険性があるのと、電気を多く使用するのでよろしくないという意味で、設けられています。ですが、これを常に守っているからと言って必ずしも「節約」にはならないのです。

どういうことかと言うと、エアコンは常に送風を続けると電力を消費するのです。つまり、28℃や20℃という設定温度で常に送風を続けてしまうと、より電気代が高くなるわけです。

そのため、最近のエアコンでは「自動設定」が備わっています。設定温度である状態を維持するために活発な時期とセーブする期間を、自動で判断してくれ送風状況をコントロールしてくれます。

「自動設定」を上手に利用すれば、節約に結びつくのです。

 

室内の温度を一定に保つだけで節約できる

SnapCrab_NoName_2014-11-19_16-9-55_No-00

エアコンに少し被るかもしれませんが、室内の温度を適度に保つアイテムを利用するのも、節約に欠かせない知恵です。

できればエアコンを使わないようにするのが、電気代を抑えるのに意味があると上記で説明しました。それを実現してくれる画期的なアイテムが市販されています。

たとえば「断熱材」です。これは、窓ガラスに貼るだけで外部からの冷気を室内に入る前に吸収してくれます。これだけで部屋の温度を下げるのを防いでくれます。

夏場は「冷却マットやシート」などを利用しましょう。これは逆に外部の熱気を室内に入るのを防ぎます。窓に吸着させるタイプもあれば、レースカーテンに貼り付けるタイプもあります。

窓は開放的な気分や、太陽光を入れるのに重要ですが、外部の熱気や冷気を室内に入れさせる効果もあります。ここを上手にカットすれば、電気代を節約できるのです。

 

待機電力は、1年で大きな節約ができる

SnapCrab_NoName_2014-11-19_16-9-24_No-00

「待機電力」という言葉を聞いたことはありますか?

使用していなくても、コンセントに繋がっている場合に使用している電力を指します。これが全電気代の10%を占めるとも言われているので、侮るわけにはいきません。

もし1ヶ月の電気代が1万円の家庭ならば、こまめにコンセントから抜けば1000円も節約できるワケです。

冷蔵庫のように、24時間フル活動しなければならない家電は、仕方ないにしても洗濯機や炊飯器、テレビやパソコンなどは使い終わった後にコンセントから抜くことはできます。

面倒かもしれませんが、小まめにコツコツ継続していくと1ヵ月後、1年後には大きな差になるので是非利用してみてください。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ