手数料かけずに小銭をお札に両替する方法

SnapCrab_NoName_2014-11-25_15-40-58_No-00

お釣りなどがいつの間にか溜まってしまい、財布の中が小銭だらけという場合は多いものです。個別に分けていても、時間が経てばどんどん膨れていってしまいます。

塵も積もれば山となるのと同じように、小銭も集まれば結構な金額になったりもします。それを、お札に両替する場合には、どんな方法があるのでしょうか?

 

49枚ずつ分けて小銭を両替機に入れてお札にする方法

SnapCrab_NoName_2014-11-25_15-39-14_No-00

大量の小銭をお札へ両替するには、銀行を使うのがベストです。地方銀行でも都市銀行でも、支店や本店に行けば両替機というものが用意されています。

小銭を投入すれば、その分の紙幣を手に入れられる仕組みになっていますので、非常に便利です。ですが基本的に49枚以上を入れる場合には手数料が発生します。

手数料を発生させるのが嫌ならば、49枚ずつ分けて入れるというのもありかもしれませんが、枚数が多ければかなり手間がかかるので、現実的ではありません。

かといって、コンビニやスーパーで大量の小銭の両替をお願いするのも不親切になりますし、相手の営業を妨害する行為にあたるのでオススメはできません。

 

銀行口座の入金を使って両替する

SnapCrab_NoName_2014-11-25_15-40-8_No-00

そこで一番オススメな方法が銀行口座に預金として預けるというものです。ATMでは、無人の場合は硬貨を投入できない機械が多いです。

もし硬貨詰まりが発生した場合には、専門家が訪れて直さなければならないので、時間と人件費が発生します。そのコストを嫌がり硬貨を入れる機械は無人店舗などでは置かないようにしています。

支店や本店などすぐ近くに従業員がいるATMでは硬貨を入れる場所がある機械が配置されていますので、そこを利用するようにしましょう。

ただ、ATMは多くの人が利用するので、混雑している時などは迷惑になります。大量の小銭を両替したい場合には、銀行窓口で入金希望として用紙に必要事項を記入するようにしましょう。

窓口であれば、ゴトー日(5と10の倍数の日)と呼ばれる、企業が給料日として指定する日にち以外を選択してあげればそこまで嫌な顔はされません。混んでいるときは、周囲にも迷惑をかけるので控えましょう。

こうして自分の口座に入金できたものを、ATMで引き出せば小銭を両替したような感覚で、お札に交換できます。もちろん手数料はかかりませんので、上手に活用できるのです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ