ガス代を驚くほど簡単に節約できる4つの方法

SnapCrab_NoName_2014-11-26_19-14-40_No-00

調理や給湯器などで大活躍するのがガスですね。最近は電気に代わられつつありますが、まだまだ活躍の場は広いものです。

そして水道光熱費の中でもダントツに高くなりやすいのが、ガスです。節約を考える上で真っ先に考慮にいれなければならないので、その節約方法を知っておく必要はあります。

 

ガス代の節約で簡単な方法は火加減

SnapCrab_NoName_2014-11-26_19-13-2_No-00

ガスの節約として、最初に思いつくのが「調理」ではないでしょうか?

子供のいる家庭などでは、毎日のように使います。ここをまずは見直していきましょう。

まず調理時には必ず「中火」以上にはしないようにします。

調理方法が紹介されている雑誌などでも、書かれているのですがあまり調理で強火にする機会は多くありません。そして一気に食材に火を通してしまうと、うまみ成分や栄養素が吹き飛んでしまう可能性も指摘されています。

そして何より強火は多く使用させるので、代金が高くなってしまうのです。節約をするには、まずは「中火」を毎日の料理で意識してみましょう。

 

電気で使う調理器具を活用する

SnapCrab_NoName_2014-11-26_19-12-36_No-00

最近はオール電化ということで調理器具もガスではなく、電気を使う器具が多くなりました。

そのためガス代を節約するには、電気を使う調理器具を活躍させることは重要です。その一番の大きな意味を持つのが「電気ケトル」でしょう。

1人前のお湯を沸かすのに、代金は20円ほどかかります。ですが、電気ケトルですと5円程度で済んでしまうのです。

総合的に考えれば、圧倒的に電気ケトルのほうが節約になりますので、少量のお湯を沸かす場合には電気を使いましょう。

このように場面に応じて、電気とガスのどちらを使うかを考えると、代金を低く抑える働きがあるのです。光熱費トータルという見方を持つのも、節約のポイントなのです。

 

給湯器の電源をオフにして節約!

SnapCrab_NoName_2014-11-26_19-13-31_No-00

お風呂を沸かすのには、多くのエネルギーを使います。20℃前後の冷水を40℃近くにまで温めるわけですから、代金が高くなるのも仕方がありません。

家庭で給湯器を使う場合には、設定した温度を保つために常に活動を続けています。いつでも快適な温度でお風呂に入れるので、嬉しいかもしれませんが節約としては最悪です。

常にガスを利用する環境におかれているわけですから、使わない時には給湯器の電源をオフにします。これだけで大幅な節約が期待できるのです。

また、お風呂のお湯が外部の冷気にさらされるのを防ぐのも重要です。お湯は冷気に触れることで、少しずつ冷えていきます。

お風呂に外部からの冷気を遮断させるフタをすれば、温度低下速度を和らげてくれます。こうした市販されているアイテムを使えば、給湯器を常に活動させなくても大丈夫になります。

 

できるだけ「水」を使えば節約できる

SnapCrab_NoName_2014-11-26_19-14-0_No-00

食器を洗う場合や、洗顔をする時など、冬は特に温度を上げて使用する場合が多いです。快適な毎日を送る場合には必須かもしれませんが、ガス代という面で考えると、控えるのが無難です。

毎日の作業になるので、1日での料金は微々たるものかもしれませんが、1ヶ月と続けるとバカにできないガス代になるのです。節約をするならば、この部分には特に注意をしておきましょう。

できるだけお湯は使わずに、水のままで生活をします。最近は冷たく感じない手袋などが市販されているので、洗い物などで上手に使うようにすれば案外慣れてきますよ。

光熱費の中でも高いと言われるガス代を、いかに節約できるかで家計の負担も変わります。上記を参考にして、自分に合う節約方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ