今すぐ新札が必要…!銀行以外で新札に両替できる場所

SnapCrab_NoName_2014-11-19_13-32-59_No-00

結婚式やお祝い事などで欠かせないのがご祝儀ですね。礼儀やマナーとして、しわしわのお札ではなくピンと伸びた新札を入れる必要があります。

ですが、普段の生活で札のシワなどをいちいち確認している訳ではありませんから、いざという時に新札がなくて困った経験をした人は多いでしょう。

そのため、新札に両替してくれる場所を知っておくことは重要です。一体どこならば、両替を対応してくれるのでしょうか?

 

銀行以外

SnapCrab_NoName_2014-11-19_13-33-37_No-00

一番確実なのが「銀行」です。受付で引き出し金額を用紙に記入し、係員に渡すときに「結婚式で使うので新札でお願いします」と言うと、そのとおりにしてくれます。

ただ、窓口での伝達になりますので、夕方の受付までに行かなければなりません。土曜日と日曜日は休みですから、一般のビジネスパーソンにとっては厳しい条件になります。

時間に都合が付く人であれば、確実に新札に両替してくれるのは銀行なので、便りにしましょう。もし可能であれば、時間に都合が付く人に頼んでおくというのも必要な措置になるかもしれませんね。

 

ATMで新札が出るまで粘る!

SnapCrab_NoName_2014-11-26_19-22-31_No-00

銀行でもコンビニでもATMが主流になってきました。24時間いつでもお金を引き出せるので、重宝されている人も多いでしょう。

確実ではありませんが、ATMでも高い確率で新札への両替を行うことが可能です。1回で全て成功する場合もありますが、何回が引き出しては入金しての繰り返しをして、ようやく出てくる場合もあります。

どうなるかは「運」の要素もあります。そして深夜など時間外は手数料を取られる可能性すらあります。

できれば、手数料が無料の時間内にまとまった金額を引き出して、そこから新札を取り出し、他を入金する。この繰り返しをしてどうにか集められます。

 

銀行以外の場所で可能性があるのはコンビニ!

SnapCrab_NoName_2014-11-19_13-38-28_No-00

24時間営業しているコンビニが全国各地にあるのは日本だけです。その利便性を利用するというのも、ひとつの手です。

しかしこちらは、確実な方法とは言えません。むしろ全てを揃えるのが難しいのではないかとも言われるほどです。

というのも、コンビニでは常時新札を用意している訳ではなく、お客から頂いた紙幣の中にピン札があればラッキーという具合です。そのため、運が大きな要素を含むのであまりオススメはできません。

 

結婚式場に新札に両替できるか問い合わせてみる

SnapCrab_NoName_2014-11-10_23-8-49_No-00

意外と知られていませんが、結婚式のフロントでは新札をそれなりに用意しています。困っている人に対しては積極的に両替をしていますので、活用してみてください。

ですが数に限りがあります。平均的には1人ご祝儀3万円として、10人分程度ならば確保している場合がほとんどです。

式場が大きくなれば、100人分を用意するなど気を利かせてくれる場合もあります。前日まで忙しくて何も準備できなかった人でも、結婚式場に問い合わせれば対応をしてくれる場合が多いので、参考にしてみてください。

新札の両替は、祝い事などの場面で用いられる場合が多いです。常に持ち歩くものでもありませんから、いざという時に役立つ両替場所を覚えておきましょう。

上記で紹介した場所は一例に過ぎません。ですが、ほとんどはこの場所で済ます場合が多いものです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ