クレジットカードを不正利用された時にやってほしい対処方法

SnapCrab_NoName_2014-12-14_13-35-47_No-00

平成12年をピークとして、クレジットカードの不正利用の被害額は減少傾向にあります。それでも平成25年の計算では約80億円もの被害が出ていますので、人事ではありません。

セキュリティーがしっかりしており、簡単なスキミングでは情報を盗み出すのが不可能になったのもあり最近はあまり話題になっていません。ところが、最近は新しい手口でどうも盗めるようになっているみたいで、油断はできない状況です。

身に覚えのない履歴が利用明細に残されていた時、それは不正利用された可能性が高いです。この場合はどんな行動を取るのが適切なのでしょうか?

 

クレジットカードが不正利用されていないか確実に確認する

SnapCrab_NoName_2014-12-14_13-35-21_No-00

クレジットカードで不正利用がされていると、利用明細を見て引き落とされる前に気付いた人は、まだマシです。まずはカード会社へすぐに連絡を入れましょう。

本人であると確認できても、もしかしたらウソを付いている可能性も否定できないので、会社独自で購買履歴の確認などをして調査をします。そこで不正と認められた場合は、請求を取り消してくれます。

不正利用されているような形跡を発見したら、対応は迅速にしましょう。クレジットカード会社によっては、利用明細を発送してから規定期日以内に、請求取り消しの書類を提出しなければ、取り消しを行ってくれないのです。

うっかりと、先月の明細で不正利用されているのを見過ごしてしまった場合は、遡って対処してくれる期日を過ぎてしまう可能性があります。そのため、面倒でも毎月しっかりと明細を確認しておくというのをクセつけておきましょう。

最近は個人情報保護の観点から、そしてしっかりと書類が届いたか分からないという不安などから、取引明細をWEB上で閲覧できるようになりました。スムーズにチェックできるというのが嬉しいですね。

 

引き落とされた後でもとにかく連絡をして対処する

SnapCrab_NoName_2014-12-14_13-35-5_No-00

クレジットカードを使った場合には、希望していれば取引明細が自宅に郵送されます。ネット上でも閲覧はできますので見逃しているという人はほとんどいないでしょう。

ですが、たまたま忙しくて見るヒマが無く、そのまま引き落としされてしまった場合にはどうしたら良いでしょうか?

この場合でもとにかくカード会社に速やかに連絡をします。状況証拠を確認して状況を把握し、しかるべき対応を取ってくれます。不正とみなされれば、引き落とされた金額は保険会社から損害が補填されます。

しかし、すでに支払われていた場合には、会社によって定められている「遡って保障してくれる期間」を過ぎていた場合は自己負担をしなければなりません。知らない人の買い物分も払うというのは何ともやり切れませんよね。

そのため、利用明細をしっかりと確認して異常が無いかを常に監視するクセを身につけておくのが肝心です。そして、何かあったらすぐに連絡をしましょう。

 

本人がミスした場合は保証が認められない!?

SnapCrab_NoName_2014-12-14_13-41-46_No-00

クレジットカードでは不正利用されたというのが判明した場合に限り、請求取り消しや保障をしてくれます。しかし、本人のミスなど、自分に責任がある場合には負担してもらう場合があります。

たとえば、カードを誰かに貸した場合です。本人以外が使ってはいけないと、しっかりと契約書に書かれています。それが原因による利用であった場合には、自己負担になります。

クレジットカードは便利で手放せないという人も多いでしょう。ですが、危険はいつドコに潜んでいるか分かりません。目に見えない世界で会計されていたりしますので、気付くのは明細を見てからになるでしょう。

まずは慌てずに連絡をして、調査をしてもらうところから初めていくのが大切ですよ。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ