亡くなった場合はどうするの?銀行口座の名義変更する方法

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-10-14_No-00

銀行口座にお金を預けていた人が、亡くなった場合その口座は凍結処理されます。被相続人が亡くなった時点で共通財産として扱われるので、勝手に引き出されることを防ぐ処置です。

基本的に預けている預金は、本人以外は引き出すことは、生存していたとしても認められてはいませんので、凍結するのも当然の処置です。

これを使えるようにするには、名義人変更手続きをしなければいけません。あまり知られていなこの方法について紹介します。

 

銀行口座の名義変更は各銀行の手続きに従う

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-11-1_No-00

銀行口座における、名義人変更の手続きは銀行によって少々行い方が異なるので、詳しい説明は必ず該当している銀行窓口で尋ねるようにしてください。

 

名義変更をする状態が遺産分割をする前の場合

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-10-48_No-00

ここからは金融機関によって異なりますので、イメージとして参考にしてみてくださいね。

まず金融機関所定の払い戻し請求書を記述する必要があります。これは銀行に行けば記入用紙がありますので、そこで記入して作成できます。

また相続人全員の印鑑証明書と被相続人の戸籍謄本(出生から死亡までのすべてのもの)、さらに各相続人の現在の戸籍謄本と預金通帳が必要です。

 

遺産分割を済ませた後は、名義人変更の手順が違う

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-13-53_No-00

前項は遺産分割をする前の状態においての書類などを記述しましたが、今度は、分割を終らしている場合になります。

この場合は、上記の項目にプラスして「遺産分割協議書」が必要となります。

 

調停や審判に基づく場合には別の書類も必要

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-12-14_No-00

銀行口座の名義変更においては、トラブルや言い争いになるケースも少なくありません。そこで調停や審判にまで発展した場合には、そこでの調書などが必要となります。

そのため、家庭裁判所の調停調書謄本または、審判書謄本(いずれも海底裁判所で発行を受けることができる)が必要です。

また、その調停によって得た預金の相続した人の戸籍謄本と印鑑証明書が必要になります。

 

亡くなった方の遺言書に基づく場合

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-11-43_No-00

遺言書に基づく場合には、遺言書と除籍謄本、遺言によって財産をもらう人の印鑑証明書が必要になります。

銀行口座の名義変更は状況によって、提出書類が変更されます。また冒頭でも触れましたが、銀行によっても若干の変更がありますので、どちらにしろ詳しい説明は聞いたほうがよいです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ