使わなくなった銀行口座を解約する方法とは?

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-37-45_No-00

銀行では長年使っていない口座は休眠(睡眠)として扱われます。期間はそれぞれ異なりますが、平均して5年となっています。銀行の法律では、5年間権利を行使しないと時効が成立して、権利が消滅するといわれています。

ですが、理論上はそうであっても、自主ルールとして10年や20年も放置されていた状態で、中に残高がある場合には払い戻しに応じるというルールを設けています。

では、どうすれば使っていない銀行口座を解約できるのでしょうか?

 

銀行口座の解約には本人確認ができるものが必要

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-40-26_No-00

ほとんど使っていない銀行口座を解約するには、登録の印鑑、通帳、本人確認書類が必要になります。

引越しで住所が変わったり、結婚で性が変わったという人は、銀行によっては証明する公的な書類が必要な場合もあります。本人であることが断定できなければ、お金に関ることなので、かなり慎重にならざるを得ないわけです。

もし印鑑や通帳を無くしているときは、口座番号や支店名などから調べてもらい、本人の預金であることが確認されれば、対応できる銀行もあります。詳しくは開設している銀行に聞いてみましょう。

 

最近はどの支店でも解約の対応してもらえる

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-38-51_No-00

休眠している銀行口座を解約するときには、作った支店でなければ行えませんでした。ですが、最近はその部分も見直しがされており、どの支店でも対応している銀行は増えています。

地方銀行やメガバンクはここ十数年で合併が多くされており、名前や支店名などが変更されている場合もあります。現在の銀行名が分からない人は、全国銀行協会の窓口で教えてくれるので、参考にしてください。

 

もし銀行の支店が存在しない場合

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-39-56_No-00

転勤などで引越しをして、休眠している口座を作った銀行の支店が存在しない場合には、今メインで使っている違うところでも、申請すれば取りたててもらうことができます。

とても便利ですが、この方法を使うと書類を郵送するための書留料金など実費を支払う必要があるので、そこだけは注意しておきましょう。

 

解約後に金利はしっかりともらえる

SnapCrab_NoName_2014-11-8_18-44-59_No-00

使われていない状態がしばらく続いたとしても、引き出しの歳には通常として金利が計算されて利子がつくケースがほとんどです。

もう使うことのない、銀行口座の解約は本人だという確認ができなければ、ちょっと面倒になります。ですが、最近は整備も整っているので、以前に比べれば簡単に実施できるので、行動してみるのも良いかもしれません。

それによって、思いがけない残高を発見して嬉しくなる場合も考えられるものです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ