1億円はすぐに貯まる!老後に必要なお金を貯金しよう

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-10-45_No-00

今の社会保障がずっと続くとは考えにくく、年金も満足に貰えるのか不安な状態が続いています。

そのため、老後を安心して生活していくには、ある程度の貯金は必要だと考えられます。そこでどの程度のお金があれば安心できるのか、そして貯蓄方法について紹介します。

 

老後、夫婦でゆとりある生活には1億円のお金が必要

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-10-4_No-00

60歳から夫婦が老後をゆとりある生活をしていくのに、1億円必要という試算結果も最近公表され大きな話題になりました。それだけ貯めることが本当にできるのか、一部の富裕層に限った話ではないのかという議論もありました。

確かに、1億円と聞くと現実的ではありません。これは「ゆとりある」という言葉が入っているところに注目してください。

そのため、ここまでの資金を集める必要は今のところありませんが、それでもこれに近いぐらいの数字を老後までに貯蓄していく必要があります。

どうしていけば、貯めることに成功するのでしょうか?

 

年金と退職金を計算しよう

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-9-37_No-00

老後に1億円必要といっても、それはトータルで考えた数字であり、貯蓄に頼らなくても大丈夫な仕組みを理解する必要があります。

まず老後に貰える資金の柱は2つあります。それは退職金と年金です。このふたつを合計すると、およそ8千5百万円ほどになります。

そして老後に1億円ほどあれば良いと考えると、残りの1千5百万円を貯金できれば、クリアできるということになります。

毎月10万円を10年間貯めれば、1200万円になりますからクリアできなくもない数字です。50歳から60歳までの10年間ということで考えれば、若い頃から無理して貯蓄をしなくても良いという考え方になります。

 

老後でも簡単に1億円は貯まる

SnapCrab_NoName_2014-11-9_22-10-16_No-00

老後の年齢が60歳から65歳とどんどん引き延ばされてきています。それだけ、年齢に見合わないほど若々しい人が増えてきている証拠です。

雇用してくれる企業も増えてきていますから、そうした場所でまだまだ活発に働く人もいますので、そうした流れを組み込むことが重要になります。

いきなり老人になる訳ではありませんし、現在の生活の延長線上に位置しています。そこを理解することにより、普段の暮らしを意識させるのも重要な考え方のひとつです。

誰でも年を取るので人事ではありません。ですが、正確にどの程度の貯蓄が必要なのかを計算していけば、計画的に行動できますので、参考にしてみてください。

1億円と聞くと手が届かないイメージですが、考えてみると案外クリアできそうなものです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ