子供に必要な貯金…最低限必要なお金とは?

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-31-30_No-00

人間が現代的な生活を送るには、最低限のお金が必要です。最初は親元で暮らすので、そういった心配はありませんが、いつかは自立をするのでその時にどの程度必要になるのかは知っておきたいものです。

そんな中、子供の時から専用の口座を開設して、貯金をする世帯も増えています。将来困らないために行いますが、自立するときに必要な金額と被る点も多いでしょう。

 

子供が大学を卒業するまでに必要なお金

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-33-19_No-00

子供が保育園から、公立の小、中、高校に出て、私立の4年制大学を卒業するまでに1200万円ほど平均で必要と言われています。トータルで考えるとかなりの金額ですが、今回はこれとは全く別として考えていきます。

養育費という点での貯蓄であれば、最近は学資保険も人気を集めています。銀行に預けるよりも利回りが良いので、満期になると元金よりも多くのお金が返されるので、それを養育費に回すという方法があります。

しかし、それは教育という点においての費用であり、絶対に引き降ろせないお金になります。一方専用口座に預ける貯金は、それとは別で貯めるものです。

そのため難しいと考える世帯では、貯蓄ができないでしょう。では世間一般の平均金額はどうなっているのでしょうか?

 

あくまでも子供の将来のために

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-31-56_No-00

世間一般的には、18歳までに300万円を用意している場合が多いようです。養育費で1200万円ですから、1500万円ほど1人にかかるという計算になります。

もし私立の高校に行くとなれば、もっと増えますし、逆に裕福の家庭が公立に行けばその分が余るので貯蓄に回せるという考え方もできます。

将来のことを考えれば、後々結婚をするでしょうし、留学をしたいと思うかもしれません。そして車の免許のこともありますので、そうした費用に使ってもらうという考え方です。

もちろん、貯金をしていないから悪いという訳ではありません。あくまでも、これは将来のために考えていることであり、「大人になったら自分でどうにかして」と考えているのであれば、無理に行うものでもないと言われています。

 

子供の貯金はお年玉やご祝儀などでコツコツと

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-32-14_No-00

しかし、300万円も貯蓄はできないけど少しずつ貯めている人は多いものです。たとえば、幼少の頃にもらうお年玉や七五三のご祝儀などを、使わずに貯めていたりします。

100万円単位にはなりませんが、それでも大きくなった子供にとっては、非常に助けになるものでしょう。そうした些細な気持ち程度でもかまわないわけです。

お金の問題は他人と比べると、惨めな気持ちになります。そのため、あまり子供の貯金のことで深く悩む必要はありません。

自分のできる範囲で進んでいきましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ