食費を上手に抑えて楽しく節約する4つの方法

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-54-47_No-00

日本は少子高齢化社会に突入していますから、今後の財源の確保と、社会保障の充実化を考えることは必須です。

すると、どうしても税金を国民から多く徴収しなければなりません。そこで公平性を出すために使われているのが、消費税です。

最近も増税になり、毎日の買い物における出費も増えており、食事をどうしようか頭を悩ませている家庭も多いでしょう。

そこで、食費を上手に抑えて、節約を助けてくれる方法を紹介していきます。

 

安い食材を上手く利用する

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-52-58_No-00

健康を考えると、やはり国産ブランドで料理をしたいですよね。食べ物に関してはとにかく敏感になりやすいので、価格がワンランクもツーランクもアップするのは仕方ないと考えてしまいます。

ですが、食費を節約するためには、そうした考えを少し寛容にしなければいけません。だからと言って安ければ何でも良いというワケではなく、大きな量を安く購入できるような食材にシフトしてみたらいいのです。

たとえば、料理の幅を広げ様々な食材とも相性がバッチリな、豆腐やもやしなどは、国産でも安く仕入れることができます。スーパーにとっても、この2品は激安として目玉にする場合が多いぐらいですから、参考にしてみてください。

 

食費はまとめ買いをして冷凍保存しておく

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-53-40_No-00

食費をできるだけ節約するなら、スーパーの特売日などを狙い、まとめ買いをするのが理想です。こうした日は通常価格よりもかなり安くなっているので、大きなチャンスになります。

基本的には一週間分ぐらいはまとめ買いしている人が多いので、事前に冷蔵庫内はキレイにしておきましょうね。

そして、買ってきたものはできるだけ冷凍保存します。野菜やお肉など痛みやすいものは冷凍にしておけば鮮度はそのままで、いつでも使うことができるからです。

 

調味料などは自分で作って節約する

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-53-53_No-00

調味料は、毎日の料理で頻繁に使用します。あまり高い買い物ではないので、ケチらない人も多いもの。しかし、意外にも食費として圧迫しているという調査結果もありますので、バカになりません。

こうしたものを自分で作ってしまえば、節約になりますし、市販されていないオリジナルを作れるので料理が一段と美味しくなりますし、楽しくなります。

一石二鳥で嬉しいのが、調味料の自作なのです。作り方などは雑誌なネット検索ですぐに見つけられますので、是非参考にしてみてください。

 

缶詰を上手に活用して節約する方法

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-54-21_No-00

缶詰は安く手に入りますし、調理する手間も省けるので、どんな場面でも役立ちますね。とは言っても、さすがにそのまま食べると飽きるし味気もありません。

最近の缶詰は色々とアレンジできるように、パッケージにレシピなどが掲載されているので、そうした調理法を参考にしながら料理をすると、食費を節約できます!

生活費の中でも食費はコントロールできる部分になります。節約上手になり、家計を少しでも楽にしましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ