結婚式の費用が高い…クオリティを下げずに節約する方法

SnapCrab_NoName_2014-11-10_22-33-18_No-00

女性が人生で一番輝く結婚式。そこにたどり着くには、半年前から少しずつ準備をしていき、何度も式場と打ち合わせをするなど忙しい毎日が続きます。

それだけに、盛大な場合には相当なお金が必要になるのも事実であり、それに向けてせっせと貯金をしているカップルも多いものです。

しかし、意外なところに目を向けると、結婚式の費用を節約できることが判明したのです。

 

結婚式参加者が見えないところでこっそりと・・・

SnapCrab_NoName_2014-11-10_22-26-54_No-00

さて、結婚式にせっかく来てくれた人に対して、明らかにケチっているような結婚式や披露宴にはしたくないものです。というか、それをしてはいけません。

節約をする部分は、参加者には気付かれない裏側で行う必要があります。そのため、料理のコースを下にしたり、引き出物を安くするなどは論外。

時間を割いて、ある程度の出費を覚悟で参加してくれているので、節約といっても、結婚式の醍醐味である部分を削るなんてしては、不満が募るだけなのでやめましょう。

 

花やテーブルの費用を落として節約

SnapCrab_NoName_2014-11-10_22-27-58_No-00

では、参加者にあまり気付かれない部分というのはどこになるのでしょうか?結婚式のプランにおいて一番言われているのが「花」です。

本物の花にするか、それとも造花にするかで、発生する金額が大きく違います。ここが造花であっても参加者が気分を害するものではありませんし、通常は触ることもないので遠目からでは分かりません。

そしてテーブルの質を落とします。布がかぶさっていますので、中身のほうはしっかりしていれば、ブランド物である必要はありません。そのためこの部分でもコストカットを実現できます。

また、ウエディングケーキもランクを落とせます。昔と違って食べられないそっくりに作られたものも増えてきているので、そちらにするだけでも大きく節約できます。

 

結婚式の費用が高い場合は何度も打ち合わせを

SnapCrab_NoName_2014-11-10_22-32-17_No-00

結婚式は1人で行うものではありません。パートナーもいますし、プランナーもいます。

そのため、節約をしたいならば何度も打ち合わせをして、理解を深める関係を維持しなければいけません。どこを節約し、どの部分にお金をかけるのか、取捨選択をする必要があるので、やはり理解ができる関係でなければ節約は難しいでしょう。

基本的に半年前から準備などを開始しますので、それに合わせてどうするかを考えていかなければなりません。しかし、案外難しい要素も含まれているので、しっかりと意見を言い合うようにしましょう。

結婚式は人生における最大のイベントと言っても過言ではありません。できれば節約はしたくないけど、賢く式を挙げるには、色々と話し合う部分も多いのです。

諦めずに、自分に合う素晴らしい式にしたいものですね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ