結婚するための貯金は、平均でどれぐらい必要なの?

SnapCrab_NoName_2014-11-10_23-8-49_No-00

女性にとって一番美しいと感じるのが、ウエディングドレスを着た瞬間です。この衣装を着たいがために、何としてでも結婚式を挙げたいと願う女性は多いものです。

さて、結婚にはどれぐらいの費用が発生するのでしょうか?それに向けた貯金方法も大きな課題の一つです。

 

結婚式の費用はピンキリ!平均230万円は必要

SnapCrab_NoName_2014-11-10_23-7-8_No-00

ご存知かとは思いますが、結婚式の費用は会場や収容人数、プランによってピンからキリまであります。結納から指輪、挙式、披露宴、新婚旅行までにかかったお金の平均は450万とされています。

また披露宴と、披露パーティ招待客のご祝儀総額はおよそ220万円ですので、差し引き230万円ほどは貯金しなければいけない計算になります。

費用を抑えたり、指輪や新婚旅行を節約すればこの金額はぐっと下げられますので、予算に合わせて行う必要がありますが、それでも費用はバカにならない数字です。

 

多くの人は、親から結婚資金を援助をしてもらっていた

SnapCrab_NoName_2014-11-10_23-6-55_No-00

結婚式に関する資金調達調査は、毎年あらゆる企業がアンケートなどで調べています。それによると、70%以上のカップルが、親や親戚から何かしらの資金援助を受けたと答えています。

その平均金額は約200万ですから、貯めるべきお金は20万円ということになります。これはざっくりとした計算になるので、当てはまらない場合も多いかもしれませんが、結婚式にはかなりの費用がひつようですが、貯金で全てまかなっている人はあまりいないようです。

ということは、考え方を少しシフトチェンジしなければいけません。400万円以上を貯めるのは難しいけど、せめて300万円ほどは貯めておきましょう。

ふたり合計の貯蓄額が全国平均で約290万ですから、この部分がひとつの目安になるのではないかと考えられます。

 

新生活準備にも50~100万円の貯金が必要

SnapCrab_NoName_2014-11-10_23-6-47_No-00

結婚式をしたらそれで終わりではありません。そこから新しい生活がスタートするわけですから、新生活に向けた準備をしていくことになります。

実は、貯金の中でも新生活に向けたところまで考えていないで、大慌てになるケースもありますので、事前に計画を立てるようにしておきましょう。

マンションを借りたり、家具を揃えるのに50~100万円ほどの費用が必要になります。新生活に関しての貯金もしっかりと蓄えておきたいものです。

 

セレモニーなどを省略すれば結婚費用は抑えられる

SnapCrab_NoName_2014-11-10_23-6-26_No-00

さて、今までは平均的なケースを見てきました。300万円貯金できるほどの収入があれば、別ですがそうでない人も多いハズです。

上記でも少し触れましたが、セレモニーなどを省略したり簡単にすれば、もっと費用を抑えて行動できるようになります。

そのため最低でも50万円ほどの貯蓄を考えておけば良いでしょう。2人あわせれば100万円になりますので、新生活の準備もなんとかできます。

女性なら誰もが憧れる結婚式。現実はかなりの貯蓄がなければ難しいので、ひたむきに頑張っていきましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ