元気な赤ちゃんを産むために!妊娠中に注意してほしい食事・食材

150107-0004

妊娠中の食事は、お腹の赤ちゃんの成長に直接関わる大切なもの。元気な赤ちゃんを産むためにも、妊婦さんは食生活に気を遣わなくてはいけません。

 

妊娠中は食事から鉄分を補給する!

赤ちゃんだけではなく、妊婦さんにも多く必要とされる栄養素・鉄分。鉄分は血液を形成するのに必要不可欠です。

お母さんの胎盤を通じて赤ちゃんに栄養が行き渡る仕組みになっていますが、その栄養を送り届けるのはお母さんの血液。そのため、妊娠中は非妊娠時よりも多くの血液が必要になるのです。

鉄分を補給するには、豚レバー、アサリ、豆腐、ひじきなどの鉄分を多く含む食材を摂ると良いでしょう。鉄分はタンパク質と一緒に摂取することで血液の形成を促します。

一食に様々な食材を組み合わせて摂るのがコツ。

 

妊娠中は赤ちゃんの骨を形成するカルシウムも必要

150107-0006

カルシウムも、妊娠中には注意して摂取したい栄養素です。その理由は、赤ちゃんの骨を形成するのに必要不可欠だから。

カルシウムを多く含む食材は、やはり牛乳や乳製品が手軽でしょう。しかし、つわり中やもともと苦手な妊婦さんもいるかもしれませんね。

他には、シラスや煮干しなどの骨ごと食べられる小魚や、わかめ・ひじきなどの海藻類にも多く含まれています。必要に応じてサプリメントを利用するのもひとつの手。

 

今や常識?妊娠中は葉酸を積極的に摂ろう!

妊娠中、積極的に摂りたい栄養素の中でも有名なのが葉酸。この栄養素は赤ちゃんの神経系の形成に良い影響を与えるとされています。

鶏レバーや納豆、ほうれん草やイチゴなどに多く含まれ、市販でサプリメントもあるのでうまく活用すると良いでしょう。

 

妊娠中に注意しなければならない食事とは?

150107-0007

積極的に摂りたい食材・栄養素についてあげてきましたが、逆に摂取を避けたい・控えたい食材やそれに含まれる成分もあります。

 

アルコール

まずはアルコール。胎盤にはアルコールを遮る機能はありません。

お母さんがお酒を飲むことで赤ちゃんもお酒を摂取する事になると言われています。

料理酒やお菓子などに含まれるアルコール分なら気にするほどでもありませんが、極力摂取を控えるべきものです。

どうしてもお酒が飲みたくてイライラしてきたら、アルコール含有量0.00%と表示されたノンアルコールがおすすめ。

居酒屋にもノンアルコール・カクテルのメニューがたくさんありますよ。

 

カフェイン

コーヒー・紅茶に多く含まれるカフェインは、多量に摂取すると、赤ちゃんの発育を遅延させるおそれが出てくるそう。

お母さん自身にも、カルシウムや鉄分の吸収が妨げられてしまうという影響が出てくるようです。

とは言え、一日1〜2杯のコーヒーなら問題ないとのこと。

カフェインレスコーヒーや紅茶、ノンカフェイン飲料(ハーブティー、麦茶など)もあります。

 

塩分が多いもの

インスタント・レトルト食品は思っているよりも塩分量が高いため、妊娠中は特に控えたいもの。

過剰な塩分摂取はむくみや妊娠中毒症を引き起こす引き金に。

食事は薄味を心がけ、塩や醤油は「かける」のではなく、「つける」ようにするだけでも減塩効果があります。

だし味を利かせたり、塩の代わりにレモン汁を絞るのも良いでしょう。

 

お菓子・スイーツ

また、高脂肪の食事をしょっちゅう摂っていると、体重増加を促してしまうかも・・・。

洋菓子に使われる生クリームも、高脂肪・高カロリーですぐに体重に反映されやすいです。

お菓子を食べるなら、洋菓子よりも油分の少ない和菓子がおすすめ。粒あんは繊維質を多く含みます。

ただし、和菓子だからと言って毎日多量に食べ過ぎては意味がありません。基本は三食の食事であり、おやつのお菓子は極力控えましょう。

 

食事で一番大切なのは栄養のバランス

150107-0005

妊娠中の食事で大切なのは、栄養が偏らないこと。

たとえば、鉄分や葉酸を摂らなければと思うあまり、毎食レバーばかりを食べていてはかえって逆効果なのです。

ご飯やパン、肉・魚・大豆製品、野菜・果物など、一度の食事で構成されるべき食材は多品目であればあるほど良いとされています。

偏食せずに様々な食材を食べることで、おなかの赤ちゃんにも様々な栄養が行き渡り、健康になるのです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ