妊娠中の体重管理が上手くいくコツ!理想の体型を手に入れよう

150112-0012

通っている産院が体重管理に厳しい。体重管理注意の判子を押されてしまった。

体重管理について、医師や看護師から注意を受けたことがある妊婦さんは意外に多いのではないでしょうか。

妊娠中の体重管理には、結構苦労するものです。

昔は「二人分食べろ」なんて言われていたようですが、実際にそうする必要は全くありません。

 

妊娠中の理想の体重増加量はBMI値で違う

150112-0016

妊娠中の理想的な増加量は個人で違うことはご存じですか。それは各個人のBMI値によって決まります。

BMI値は、体重÷身長(m)÷身長(m)で計算できるのですが、たとえば体重50kg、身長155cmであれば、

50÷1.55÷1.55=21(小数点以下四捨五入)

となり、BMI値は21となりますね。

BMI値の基準としては、18未満がやせ、18以上24以下は標準、25以上が肥満。この基準値別の望ましい体重増加量が次の通りです。

BMI    基準   理想増加量
18     やせ   10〜12kg
18〜24  標準    7〜10kg
25以上    肥満    5〜 7kg

 

妊娠中こそ食べ過ぎには要注意!

150112-0015

妊娠中は血液や水分で2kg、妊娠時に必要な脂肪で2kg、胎盤で0.5kg、羊水で0.5kg、赤ちゃんの出生体重約3kgは必ず増えるものとされています。

上記の合計は約7〜8kgで、それ以上増えた分は余分な脂肪ということに。

妊娠中は激しいスポーツや無理なダイエットなどできませんから、これは妊婦さん一人一人が食生活に気をつける他ありません。

体重が大きく増加する原因は、やはり食べ過ぎ。非妊娠時よりも基礎代謝量が高くなってはいるものの、運動量は大幅に減るので、消費量よりも摂取量が多くなりやすいのです。

特に気をつけたいのが、つわりが終わった後や、クリスマス・お正月などごちそうを食べる機会の増える冬。冬は活動量がぐんと下がる季節ですし、つわりの反動で食欲が爆発…なんてこともあります。

また、切迫流・早産で医師から安静と指導を受けた人も要注意。

一日のほとんどを横になって過ごしていると、当然活動量は落ちますね。そんなとき、する事がないからとついついお菓子に手を出してしまうと、あっと言う間に体重は増えていく一方に。

更に言うと、臨月は何をしても体重が増えやすくなります。それは、出産に向けて体が脂肪を蓄えやすくなるためです。

 

妊娠中の体重管理を成功させるコツ

150112-0014

体重管理のコツは、とにかく食生活に気をつけることです。間食を控え、揚げ物などの脂っこい食べ物を避けることが重要。

また、水分代謝を妨げる塩分の過剰摂取も避けるべきです。むくみの原因にもなり、体重も増加します。

そして、毎日体重計に乗ってチェックすることが大きなポイント。できれば同じ時間に測りましょう。

食事の内容をノートなどに記録すると、食事バランスの見直しができるのでおすすめです。理想的な食事とは、主食、主菜、副菜が一食でバランスよくとれるような食事。

主食とはご飯やパン、パスタなどの炭水化物、主菜は肉、魚、大豆製品などのタンパク質、副菜は野菜や果物などビタミン・ミネラルを多く含むものです。食事は量よりも質を重視しましょう。

菓子パン一つで済ませてしまったり、ご飯の代わりにケーキを食べることなどは絶対にやめること。

 

体重管理は出産に大きく関わる!

150112-0013

そもそも、どうしてこんなに体重管理が厳しいのかということを考えたことはありますか。それは、体重が増え過ぎることにより、母体だけではなく胎児にも様々な悪影響が及ぶからです。

妊娠中に太り過ぎると、産後の体型が戻りにくくなることはもちろんのこと、出産に大きく関わってきます。

お母さんに余分な脂肪がつき過ぎると産道が狭くなり、分娩時に赤ちゃんがうまく出てこられないということも起こり得るのです。

そうなると母子ともに苦しく、危険な状態になりますので、帝王切開になる確率が上がります。

また、微弱陣痛になりやすいため、順調に陣痛がついているのにも関わらず、やはり帝王切開に切り替えられることもあるようです。

そうならないためにも、やはり何よりも赤ちゃんのためと思って体重管理・食事管理に取り組んでみませんか。母子ともに健やかなお産ができると良いですね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ