妊娠中に肌荒れが起こる原因とは?潤い補給で予防改善する方法

150112-0014

妊娠中は肌が敏感になり、めっぽう荒れやすくなるもの。

特に妊娠初期は急激なホルモンバランスの変動によって多くの妊婦さんが肌トラブルを経験するようです。

 

妊娠初期に肌荒れしやすい理由とは?

150116-0002

妊娠初期に肌が荒れやすい理由は、先にも書いたとおり、ほとんどがホルモンバランスによるもの。急激な変化で自律神経が乱れることがあり、皮脂分泌が盛んになるのがニキビ・吹き出物の原因になるのです。

また、初期から安定期頃までに起こるつわりにより、食欲不振に陥ってしまう妊婦さんも多いと思います。実はこれも肌荒れに関係していて、ビタミン・ミネラル不足が肌にトラブルを抱えてしまう原因に。

そして、乾燥が更なる肌荒れを生み出してしまうことも。妊娠中はメンタル(内面)的にストレスをためやすいと知られていますが、外的なストレスにも弱くなります。

つわりでスキンケアをするのも億劫になりがちですが、乾燥対策だけはしておきたいところ。

 

便秘も肌荒れの大きな原因!

150116-0005

妊娠初期飲みではなく、妊娠中は総じて便秘になりやすいもの。大きくなった子宮が大腸を圧迫するため、便秘に悩む妊婦さんは多いと聞きます。

便が腸内に溜まるということは、毒素が体内に溜まってしまうということ。結果、血液やリンパの流れが悪くなり、肌の新陳代謝がうまく行われなくなります。

妊娠中の便秘は、食べ物や水分補給、適切な運動で解消されることもあります。食物繊維の多い野菜やナッツ・ゴマなどの種実類、十分な水分摂取を心がけましょう。

運動は体調の良い時に近所を軽く散歩するだけでも十分効果的です。くれぐれも無理はしないように。

 

スキンケアでの潤い補給が肌荒れを防ぐ

150116-0004

肌トラブルの予防・改善に一番効果的なのは、やはり潤い。普段のスキンケアでは化粧水で念入りに潤いを与えて、乳液やクリームで蓋をしてあげましょう。

ただ、体調や気分によって普通のスキンケアでさえ続けるのがつらいときもあるかと思います。

そういうときは、ミストスプレー器具に化粧水を移して、こまめにシュッと吹きかけてみてください。

つわりで布団に伏せているときでも簡単に潤い補給ができます。オールインワンタイプのものは化粧水→乳液の作業が省けるので、便利ですよ。

 

妊娠初期の肌荒れは中期頃に落ち着いてくる

150116-0003

妊娠初期から出始める肌荒れのほとんどは、つわりが落ち着いてくる中期頃にはおさまるとのこと。それは、分泌量が不安定だった女性ホルモンが安定するからだそうです。

中には、妊娠前より肌がきれいになる人もいるようですよ。

しかし、筆者の場合は中期頃から出始め、産後まで治らないというタイプの肌荒れに悩まされました。

妊娠中はとにかく敏感肌になりやすいので、敏感肌用の化粧水や乳液に替えてケアはシンプルに続けていましたがそれでも荒れはおさまらなくて…。

今思えば、原因は便秘だったのではないかなと思っています。あくまで憶測ですが…。

それは産後2ヶ月もすれば、すっかり治っていました。このような事例もあるので参考までに。

便秘改善・スキンケアの徹底をしてもなかなか治らない…というときでも、「いつかは必ず治るもの」と思ってケアを続けてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ