絶対にダメ!妊婦さんが煙草を吸った時に与える子供の悪影響とは?

SnapCrab_NoName_2015-8-14_12-7-18_No-00

妊娠中に煙草を吸うと、母子ともに健康に悪影響を与えるということを知っている人は多いと思いますが、実際、どのようなことが起こるのか詳しく知らないという人は多いかもしれません。

今回は、煙草が妊婦に与える影響について考えていきましょう。

 

早流産の可能性も!妊娠中は煙草を吸うべからず

SnapCrab_NoName_2015-8-14_12-8-20_No-00

喫煙している妊婦は、していない妊婦に比べて流・早産になる確率が高いというデータがあります。これは、煙草に含まれる有害物質の「一酸化炭素」と「ニコチン」による影響と考えられています。

一酸化炭素は血液中にあるヘモグロビンと結合しやすいものです。この一酸化炭素と結合してしまうと、本来結合すべき酸素と結合出来なくなります。

すると、ヘモグロビンが体中に十分な酸素を運ぶことが出来ず、結果おなかの赤ちゃんにも酸素が十分に行き届かなくなる可能性があるのです。

また、ニコチンは血管を収縮させる作用があります。そうすると、妊婦の血流が悪くなるため、赤ちゃんに十分な栄養が届けにくくなります。

さらに、子宮や胎盤の血液循環が悪くなることで子宮収縮が起こりやすくなり、流・早産や前置胎盤、早期胎盤剥離などのトラブルの発生率も高まるのです。

 

低体重児・発育遅延の一因は煙草だった

SnapCrab_NoName_2015-8-14_12-9-5_No-00

上記のとおり、赤ちゃんに必要な栄養や酸素が行き渡らなくなるために、低体重児や子宮内胎児発育遅延になるリスクも高くなります。

妊娠中に喫煙していた場合、煙草を吸わない妊婦と比べて低体重児の発生率は約2.5倍で、早産に関しては約3.3倍になるというデータも。

 

出生後の突然死や障害の一因になることも

妊娠中の喫煙は分娩後にも影響が出ることがあります。

妊娠中に喫煙を続けていた場合、乳幼児突然死症候群(SIDS)の発生リスクが高まる可能性や、多動性障害(ADHD)・言語機能の低下との関連を指摘する報告もあるのです。

 

受動喫煙の恐怖!家族で禁煙しよう

SnapCrab_NoName_2015-8-14_12-9-43_No-00

妊婦が喫煙をしなくても、その夫や家族が喫煙していれば、影響を受ける可能性は高まります。

実は、煙草から直接吸う主流煙よりも煙草の火をつけたところから発生する副流煙には、2~50倍の有害物質が含まれているのです。

この煙を吸うことを「受動喫煙」といいます。

 

赤ちゃんがかわいそう!!妊娠したら禁煙を!

SnapCrab_NoName_2015-8-14_12-10-28_No-00

妊娠前から煙草を吸っていて、一日に1箱以上吸わなければ落ち着かない、禁煙したくても続けられないという妊婦さんもいるでしょう。

しかし、これまでの記述から「煙草には百害あって一利なし」ということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

喫煙者である妊婦さんには禁煙することを強くすすめたいですが、そう簡単にはいかないのが現実です。まずは本数を減らすことからはじめ、主治医の先生にも相談すると良いでしょう。

「かえってストレスになるから無理に禁煙する事はないよ」という医師もいるかもしれませんが、「喫煙は赤ちゃんに害を与える」ということを忘れずに。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ