速度測定でわかる!ダメダメインターネット環境改善の道

150214-0014

「インターネットの処理速度をもっと上げたい」「スムーズな動画視聴やファイル転送ができる快適な環境が欲しい」そんなネット環境に対する不満を持ったことはないでしょうか。

最速で快適なインターネットが当たり前となった現代、サイト1つアクセスするにも時間が掛かってしまっては、まともにネットサーフィンすらも楽しめず生活に支障をきたしてしまいます。

最近ではリーズナブルで快適なインターネットサービスが普及しています。今お使いのインターネット環境に不満がある場合は、改善の余地がないか一度よく調べてみましょう。

 

まずインターネットの速度を測定してみる!

150214-0015

インターネットの速度を測定するには、フレッツ光やKDDIなどの回線業者に問い合わせるのが一般的です。

契約している回線業者のホームページへアクセスすれば、サイト内で処理速度を調べる方法が記載されていると思います。

もし、速度測定に関する情報が見つからない場合は、回線業者に直接問い合わせるか、インターネットの検索エンジンで速度測定のできるサイトを探してみましょう。

また下記のサイトでも、インターネットのスピード測定ができます。

・BNRスピードテスト
・USEN スピードテスト
・Wild Speed インターネット回線 スピード測定

このほか業者に問い合わせる以外の方法として、パソコンのフリーソフトで速度測定することもできます。

パソコン操作に慣れている人は、下記のようなフリーソフトを使って調べてみるのもよいでしょう。

・NetTune
・Sakura Information
・EditMTU

 

インターネットの処理速度が遅い原因を探る

150213-0010

次にインターネットの処理速度を下げでいる原因を探ってみてください。

下記はインターネット通信の妨げとなる主な要因です。身近なところに原因が潜んでいないか、くまなく調べてみましょう。

 

ウイルス対策ソフトの影響

ウイルス対策ソフトの影響でインターネットのスピードが落ちることがあります。

度重なるソフトのアップデートでパソコンの負担が重くなり、気がつけばブラウザの起動にも多大な時間が掛かってしまうことがよくあります。

ウイルス対策ソフトの影響が考えられる場合は、使うソフトを変更するか、一度使用を停止してみてください。

 

パソコンやデバイス等のスペックが低い

パソコンやタブレットなどのスペックが低いことでインターネットが遅くなる場合があります。

導入して数年が経過している古い機械は、最新のインターネット環境に対応しきれず動作が緩慢になってしまいます。

インターネット環境に合わせて、可能な限りデバイスの新調も検討する方が良いでしょう。

 

無線LANなどの接続機器が最適でない

LANケーブルの接続や無線LANの設定が最適でない場合も、ネット接続の妨げになります。

また、ルーターやモデムなどの設定が最適でないとオンライン上でトラブルになる可能性もありますので注意してください。

 

どうしてもインターネットの速度が遅い場合は…

150213-0013

ウイルスソフトなどの常駐ソフトや、パソコン等のスペック、ルーター等の接続機器にも問題がない場合は、契約しているインターネットサービスを一度確認してみましょう。

CATVやADSLなど、一部のサービスには「低速プラン」というものがあります。

これは格安料金の代わりにネット接続の処理スピードが低いことが特徴で、動画視聴や重いファイルの転送などには少々難しい面があります。

もしあまりにもネットの接続に支障が出てしまう場合は、光ファイバー等の導入を検討してみましょう。

近年は最速のインターネット環境でも月額料金が安価なサービスが浸透してきているので、一度調べてみてください。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ