もう嫌がらない!猫の正しいお風呂の入れ方

141222-0021

猫とお風呂は相性最悪ですよね。祖先であるリビアヤマネコが、水を嫌っていたというのが本能として備わっており、シャンプーをしようものなら狂わんばかりに暴れます。

基本的に猫はお風呂に入らなくても死ぬものではありません。清潔に保つことに多くの時間を割くので、常に清潔でキレイな状態を保っているからです。

しかし、一部の猫は少し状況が違うので、適切な方法でお風呂に入れさせる必要はあるでしょう。その方法とはどういったものなのでしょうか?

 

シャンプーしないと病気になる可能性が高い

141222-0020

全ての猫においてお風呂ならびにシャンプーが必要という訳ではありません。本能として嫌っているので、それを無理やりさせる必要はないと言えるでしょう。

まず、長毛種の猫はセルフグルーミングにも限界があります。届かない場所などは、ずっと汚れたままになるので不潔になってしまいます。

これでは、病気になる可能性もあるので、定期的にシャンプーをしてあげる必要があるでしょう。

また白猫の場合は、汚れが目立ってしまうので、洗ってあげたくなりますよね。あまりにも汚れていて可哀想に思ったときに、少しだけシャンプーをしてあげるのも良いかもしれません。

ですが、基本的にグルーミングをして清潔に保っているので、あまり問題はないということも覚えておいてくださいね。

次に、避妊手術をしていない猫もシャンプーをする必要はあります。避妊をしていない場合には、発情期に「スプレー」と呼ばれる異性を誘惑する行為をしてきます。

これは壁などにオシッコを引っ掛ける行為になるのですが、通常のオシッコに比べてかなり臭いというのが特徴です。そのため、肛門付近は強烈な臭いを発している可能性があるので、しっかりとシャンプーをしてあげましょう。

 

猫の種類によってお風呂の時期は異なる

141222-0019

猫をお風呂に入れさせるタイミングは難しいですよね。あまりにも嫌がるので、可哀想に思い中々入れてあげる気持ちが起こらないものです。

頻度として適切だといわれているのが、短毛種なら半年に一度、長毛種ならば1ヶ月に一度程度が目安になります。風邪を引いていたり、妊娠中などの場合は時期が来たとしても、お風呂に入れさせてはいけません。

またお風呂に入れさせる時期をもう少し遅らせたいのであれば、肛門付近の無駄毛をカットさせるなどの工夫をさせてあげましょう。

すると、肛門周辺を清潔に保てるようになるので、お風呂に入れさせる回数も減らせますよ。

 

猫をお風呂に入れる正しい入れ方

141222-0017

では、猫をお風呂に入れさせる手順を簡単に見ていきます。

必要となるのは、「おけと猫用シャンプー」です。あとはタオルを2〜3枚とドライヤーがあれば十分でしょう。

場所はお風呂場で十分でしょう。まず、おけにお湯を張ります。猫には汗腺がないので熱い温度にさせると熱中症になる危険性があるので、ぬるま湯程度で大丈夫です。

お湯を張ったおけに、猫の体ごこ入れて首までつけます。シャンプー溶液(かならず猫用を使用)が被毛にしみこんだら、猫をバスタブから出して、首から胴体にかけてよく泡立てながらこすっていきます。

ブラシを用いても結構ですが、できれば手でマッサージをしながら行ってあげたほうが、猫も少しはリラックスしてくれますよ。

足の裏や肛門までシャンプーをしてあげて、次はそれを洗い流します。このときに注意してもらいたいのが「シャワーは首まで」です。

顔にかかると、かなり嫌がるので顔にはかけないように注意をしながら、かけてあげましょう。シャンプーのすすぎ不足は、猫の皮膚に炎症を引き起こしてしまう可能性があるので注意してくださいね。

 

最後は吸水タオルとドライヤーを使って乾かす

141222-0018

次は猫の体を乾かす方法です。すすぎが終ったら、吸水性のたるタオルを用いて、猫の被毛をよく拭きます。

拭くというよりは、給水タオルを押し付けて水分を取るという表現が正しいかもしれません。1枚では難しいので、タオルを2〜3枚ほど用意してふき取っていきましょう。

そしてドライヤーをかけて感想させていきます。ドライヤーを耳に当てると、人間には聞こえない超音波を感じ取って暴れる可能性があるので、耳に当てないようにして体全体をドライヤーで乾かしていきます。

最期にブラッシングとコーミングをしてあげれば完成です!

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ