一人暮らしにオススメのペット!飼うときの注意点

141226-0019

家族として、パートナーとしてペットと暮らす人は増えています。最近では、一人暮らしでもペットを飼える環境が提供され、OLやサラリーマンなど、単身世帯でも動物と共に暮らせるようになりました。

しかし、ペットは可愛いだけではなく、生活コストや手間も掛かるのが現実。ここでは、一人暮らしでも飼える人気のペットと飼うときの注意点をご紹介します。

 

一人暮らしにおすすめのペットは?

141226-0015

一人でペットと暮らすとなると、選ぶ動物はある程度限られます。下記に単身でも飼える人気のペットの一例を挙げてみました。世話にかかる費用や手間を考慮し、検討してみて下さい。

 

ネコ

最近特に人気が高いのがネコです。犬の様に毎日散歩させる必要がなく、屋外に出すことなく全ての世話を室内で完結できます。しかし、トイレや爪とぎなど最低限のしつけは必要になります。

 

ハムスター

小型ペットとして特に需要が高いのがハムスターです。費用もリーズナブルで特別手間もかからないため、一人暮らしだけでなく子どものいる世帯でも人気があります。しかし、他の動物に比べて寿命が短いことが難点です。

 

ウサギ

特に女性に人気なのがウサギ。費用もリーズナブルで手間が掛からず、ネコや鳥のように鳴き声を発さないので飼いやすいでしょう。ただ、頻繁に触りすぎると逆にストレスが溜まってしまうので注意。

 

熱帯魚・メダカ

色とりどりの幻想的な雰囲気が楽しめます。水槽や水質など、設備投資や環境維持にコストが掛かりますが、好きな魚を自由に飼いたい人にはおすすめ。

 

セキセイインコ

色とりどりの綺麗な羽が人気のセキセイインコ。小型で可愛らしく、コストも掛からないことで飼う人が多いようです。ただ、ゲージから出すと物をかじったり、フンや羽で汚れたりするのが難点。

 

ペットを飼う時の注意点は?

141226-0016

必ずペット可の物件で飼う

ペットを飼う時は、必ず「ペット可」の物件を選んで下さい。一般的な物件で動物を飼うと、強制退去などトラブルになりますので注意しましょう。

ネコや鳥など鳴き声を発する動物の場合は、防音性の高い物件が必要不可欠となります。ペット可の物件でも防音性が低い場合がありますので、必ず下見をして十分チェックして下さい。

また、最近過大な広告フレーズで顧客を狙い、劣悪な物件を提供する悪質業者も少なくありません。顧客欲しさに、管理人が虚偽の謳い文句で顧客を呼び寄せている可能性もありますので、必ず自分の目で確認するようにしましょう。

 

しつけをしっかりする

ネコやウサギなど、しつけが必要な動物はしっかりとしつけるようにしましょう。生後間もないうちに動物を飼い始めると、可愛さからしつけを怠りがちです。

小さいうちにしつけておくと、成長してからペットの世話に困らなくなります。また、近隣住民や不動産業者にも迷惑をかけることがありません。

特にネコの場合、最低限トイレと爪とぎのしつけはしておきましょう。

 

病院を探す

ケガや病気など、万一の事態に備えて最寄りの動物病院を調べておきましょう。また物件を探す際、近くに動物病院があることを条件に入れると、もしもの時に迅速な対応ができます。

 

責任を持ってペットを飼う!

141226-0017

ペットを飼うのは簡単でも世話を続けるのは困難です。その証拠に、近年飼えなくなって無責任に捨てられるペットが後を絶ちません。

小さな動物も大切な命です。余裕を持って飼えないのであれば最初から飼わない方が健全です。

一人暮らしの場合、基本的に他人に頼ることができないため、自分一人の責任で飼わなくてはなりません。最後まで責任を持ち、飼い主としての責務を果たしましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ