フェレットの独特の臭いを軽減させる対策方法

150107-0013

動物を飼うと、どうしても部屋は獣臭くなります。それは猫でも犬でもハムスターでも変わりませんし、家にいる飼い主はそれに気付きにくくなる傾向があるようです。

ペットの中でも、体臭がキツいと言われているのがフェレットです。とても可愛らしいので、飼いたいと思っている人も多いのですが、その臭いの強さで諦めてしまう特徴があります。

しかし、飼い主の努力によってフェレットの臭いは幾分軽減させることができます。

その方法とは一体どういったものなのでしょうか?

 

フェレットが臭い理由はマーキング?

150107-0016

フェレットが臭いのには理由があります。野生下では外敵が多く、常に捕食される心配がありますし、仲間同士でも縄張り争いがあるので自分の陣地を確保しておかなければなりません。

その時に便利になるのが「臭い」なワケです。体臭を放ち、エリアをマーキングすることで陣地に入らないようにと警告をしていますし、外敵にも悪臭によって近づけないようにする意味もあります。

特に発情期になるとその傾向が強くなりますので、マンションなどで飼育しているとかなりにおいがこびり付いてしまう可能性があります。

ここをしっかりと把握しておかなければ、フェレットを飼うのは難しいでしょう。

 

臭いの元を取り除く対策は手術

150107-0014

フェレットの独特な臭いを軽減するには、「臭腺」を除去する手術を受けさせる必要があります。

自宅で飼う場合には、マーキングをする必要はないわけですから、臭腺を除去してしまっても何ら問題はありません。

ペットショップで購入する場合には、すでに手術をしていることがほとんどですから、あまり気にしなくても良いかもしれません。

発情期になると臭いが一段とキツくなりますので、避妊や去勢手術が済んでいるフェレットの場合は、ある程度軽減できるでしょう。

ただ、それだけで全ての臭いが完全に無くなるわけではありません。

体質によっては、手術などを行ったとしても完全に体臭がなくならない場合もありますので、完全な方法ではないことを把握しておきましょう。

 

フェレットの臭いを軽減させる対策方法

150107-0015

根本的な方法を使って、臭いを軽減させれば完成ではありません。飼い主が少しだけ努力をすれば、それ以上にフェレットの独特の臭いを軽減させることができるのです。

フェレットのゲージやトイレを1日に1回はキレイにしてください。常に衛生環境が良い状態が続くと、それだけで部屋の気になる獣臭は改善されることでしょう。

掃除が面倒だからといって、消臭スプレーや香水などを利用してごまかしている人もいますが、これは大きな間違いです。

獣の臭いは抜け毛などに付着している場合もありますので、小まめに掃除をするなどの対策が必要となります。

そして、フェレットは嗅覚が発達しているので、香水などの強い香りはストレスを抱える可能性もありますので、振りまくのも問題なのです。

フェレットの臭いが気になる場合は、お風呂に入れてあげるのもよいでしょう。嫌いなワケではありませんので、優しく体を洗ってあげるだけでも随分と改善されてきますよ。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ