猫のよだれは危険のサイン!病気になる前に早期発見しよう

150107-0028

猫は自分で体調不良だと告げてはくれません。飼い主が毎日猫の状態を観察して、異常が無いかを確かめるチェックが必要になります。

そこで注意しておきたいのが「よだれ」です。よだれの量が多くなったり、かなりの臭いを発している場合には、病気が隠されているかもしれません。

そのよだれの意味をしっかりと把握しておきましょう。

 

猫のよだれのトラブルは歯周病が原因

150107-0029

よだれが多く、口臭も気になる場合に考えられる最もポピュラーなのが「歯周病」です。

「人間だけじゃないの?」と驚くかもしれませんが、高齢になる猫では、ほとんどが歯周病を患っていると言われています。

歯磨きをする習慣がないので、そう考えればもっともな状態だとも言えますよね。歯の組織周辺におこる炎症ですから、その細菌が繁殖して臭いを発生させていると考えられます。

猫の場合、前臼歯に炎症が起こると目の下に膿ができて腫れてしまったり、犬歯が炎症すると鼻水や鼻血が出るなどの症状が出る場合もあり放置は危険です。

予防としては、やはり歯磨きを幼猫の頃から習慣づけてあげることです。

高齢になると、全身麻酔による歯石除去は体力的にリスクを伴いますので、自宅での歯磨きが一番の予防となります。

 

よだれに血が混じっていたら大きな病気のサイン

150107-0027

よだれに血が混じるようでしたら「口腔腫瘍」が発生しているかもしれません。

悪性腫瘍になれば「扁平上皮がん」という病気であり、舌や歯肉などにしこりができて、やがてそれが腫瘍として腫れあがり痛みを伴います。

食事をするのが大変そうで、水すら飲みにくいような状態を示したら、口内を確認してみましょう。口内なので早期発見が難しいという特徴があります。

治療は外科手術が中心となりますが、症状や進行具合に応じて放射線治療などを行う必要もあります。

 

膿がでるような特殊なよだれが出たら危険!

150107-0030

口臭がヒドく、膿が出ているような特殊なよだれをする中・高年齢の猫は「難治性口内炎」を患っている可能性があります。

通常の口内炎とは違い、激しい痛みを伴っているのが特徴です。満足に食事を摂取できずに衰弱していくという特徴を持つ、猫にとって大変につらい病気です。

原因はいまだに解明されているわけではなく、確立した治療方法がありません。

病院では鎮痛剤を処方されたりしますが、それでも症状が改善されない場合いはレーザーで歯を全て抜いてしまいます。

すると症状が改善されることがあるようです。

 

ドロドロよだれはカリシウス性口内炎?

150107-0026

猫カゼによって引き起こされる口内トラブルが「カリシウイルス性口内炎」です。

これを発症すると、くしゃみや発熱、咳などの症状、そして口臭がヒドくなったり、よだれがドロドロする場合があります。

通常は1週間程度で回復しますが、稀に肺炎などの重い病気を引き起こして命に関るなんてことも考えられます。

体力や免疫力の低下時に発症しやすいと考えられていますので、栄養補給という観点から予防をしていくしかありません。

カリシウイルスは人のインフルエンザと同じように、様々なタイプが存在しますので、予防接種があってもそれで全てが防げるという訳ではないので注意しておきましょう。

猫のよだれに異変がある場合には、何かの病気のサインかもしれません。

毎日異変が無いかを確かめるのは飼い主にとっての愛情表現であることは間違いありません。

早期発見をしてあげ、早めに獣医に行けるように接してあげましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ