「猫に牛乳を与えてはいけない」は間違い!正しいミルクの飲ませ方

150116-0010

昔から猫に牛乳を飲ませている飼い主は多いものです。それが最近になり、「実はあまり飲ませないほうがよい」なんて声が聞かれるようになったから大変です。

実際にはどちらが良いのか、頭を悩ませている飼い主もいることでしょう。本来は、栄養食品ですから正しく飲ませれば何ら問題が無いばかりか、体には良いのです。

では、牛乳の正しい飲ませ方とはどういったものなのでしょうか?

 

キャットフードと牛乳の同時摂取は肥満になる!

150116-0012

栄養面から見ると、牛乳はたんぱく質、ビタミンA、そしてカリウムなどが豊富に含まれています。猫にとってはかなりの栄養になるので、昔は牛乳で育てるというのが一般的でした。

しかし、最近はキャットフードも高カロリーで栄養豊富なものが揃っているので、牛乳とキャットフードを同時に与えると肥満になる傾向が高まると考えられています。

そのため、牛乳は肥満の原因として取上げられるようになりました。

さらに、高齢の猫においては、牛乳中に含まれるナトリウムイオンという物質が心臓に負担を与えていると言われています。

そして、牛よりも猫の乳のほうが栄養が豊富であり、子猫の頃から牛の牛乳だけで育てる場合には、発育不足というものも懸念されています。

もし人間が飲むものを与える場合には、250ccに卵黄1個と、ティースプーン4杯の砂糖を入れてあげると良いと言われています。

 

猫も牛乳を飲むとお腹を壊す

150116-0011

人間と同じで猫も牛乳を飲むと下痢をします。当然、誰にでも引き起こされるわけではなく、お腹を壊す性質をもった猫がそれに該当するという感じであり、これも人間と同じですね。

これは、乳糖を分解する「ラクターゼ」が体内で元々不足している場合に発生すると言われています。日本人は遺伝子的に「ラクターゼ」が少ないと考えられており、お腹を壊しやすいようです。

お腹を壊すから、飲ませてはいけないというのは短絡的です。場合によっては栄養が高いので必須な食事とも考えられますから、最初は大さじ2杯程度の牛乳を飲ませてみて、便の様子を見てみましょう。

それで問題がなければ、その後は少しずつ与える量を増やしていくという方法がベストな飲ませ方です。

 

猫専用牛乳を飲ませよう


150116-0014

もし下痢を引き起こす場合でも、牛乳と同じような成分が入っている食品を与えてあげることもできます。

代表的なものが「チーズ」です。

チーズは全ての乳糖が最初から分解されているので、体内で「ラクターゼ」が不足していたとしても、下痢になる心配がありません。それでいて栄養は高めなので、一口サイズにちぎって食べさせるというのが良いでしょう。

また、猫専用の牛乳という選択肢もあります。こちらは乳糖が入っていないので、お腹を下す心配が無いのが強みです。

ペットの液体摂取不足による肝臓疾患の予防という観点からも注目されています。

猫に牛乳を飲ませないほうがよいという考えは、下痢をしたり肥満になるタイプにのみ当てはまる考え方です。全ての猫として位置づけることはできないので、そこだけは忘れないようにしてください。

お腹が弱い場合は、猫専用のミルクやチーズなどを与えるという方法もあります。人間と同じく様々な性質を持った猫がいますから、それに合わせて与えていきましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ